ジョン万次郎の夢(1回目)

「1回目」は気にしないで下さい。

本誌(要するに自宅に大量にある観劇記)の方にも、全ての作品。

初見だと「1回目」って書いてあったので←



キャスト(敬称略)

万次郎 梅津 亮

ホイットフィールド船長/島津斉彬 田島 亨祐 ☆

伝蔵親方/役人/ブルック大尉 川口 雄二 ☆

重助/老中 堀米 聰

寅右衛門 荒井 孝

五右衛門 川島 創

福沢諭吉 三宅 克典 ☆

役人/新藩藩主 内田 圭 ☆

アリー 提水流 奈津子

ポリー 吉田 千恵

キン 菅谷 有希

ギン 林 香純


男性アンサンブル

勝海舟 白倉 一成

中村 巌 青山 裕次☆彡 川村 英 前田 員範

鎌田 純 戸高 圭介 浜名 正義 日高 彬文


女性アンサンブル

ホイットフィールド夫人

織笠 里佳子

はにべ あゆみ 権守 美加子 山本 志緒 新保 綾那

川井 美奈子 岸田 美保 田中あすか 廣本 則子



カーテンコールはプログラム込みで2回




星付きの皆さんは・・・。

・・・お世話になってます、と、だけ←



しかし、主役は誰なんだろうか?

ってくらいに万次郎が視界から消える、消える、消える←

ユタと同一扱いしてるワケじゃないですが←アイツも大抵、視界から消える。

基本的に、子供向けの作品に出る人って。

主役を観客の視界から消して初めて。

「其処に立ってる意味がある」と思うんです。

いや、たまに名前付きの演者さんじゃなくて。

アンサンブルに異様に気になる人が居たり。




今回のメンバー平均年齢35歳〜39歳くらいかな?って思いました。

・・・もしかしたら41歳〜43歳くらいかも知れない。



舞台に立つ人は、もう、本当に近くで観たら。

何歳なのか、解らない。

確実に握手をした実感の湧いた田島亨祐さんの年齢も。

四十路だろうな〜・・・程度←

いや、同じ役を道口さん&阿久津さんが演じている。

って事は、田島さんも似たり寄ったりの年齢なのかな?

・・・っていう←

ただ、洞口さんは阿久津さんより若いイメージで。

田島さんは阿久津さん&道口さんより年嵩のイメージです。

・・・イメージです、あくまでイメージです。



年齢の話ばかりして申し訳ないのですが。

先ず、僕の中で阿久津さんが四十路だという現実を受け入れる事が←



そういえば。

川口さん、内田さん、三宅さん。

何度、観に行ったか思い出せない程に観に行った。

=どれだけ世話になったか思い出せない程に世話になった。

・・・のに、ロビーダッシュの時。

貴方たちが何処に居るのか。

全く解りませんでした、すいません←



というより、今回の男性陣、エグい。

どれくらいエグいかというと。

アンサンブルを含め、全員が。

恐ろしく音域の広いセカンドテナー&恐ろしく音域の広いハイバリトン。

・・・川口さん凄いよ、劇中で3回は声変わりしてたよ←褒め言葉。



あ、それから、勉強から遠ざかって久しいので。

「日米修好通商条約」とか出て来た瞬間に吐き気した←社会、嫌い。

ついでに、ホイットフィールド船長を筆頭に。

アメリカの皆さんが英語を喋る度に耳鳴りが・・・←英語、嫌い。

更に、コレを感じたのは僕だけじゃないと思うのですが。

英語だけじゃなくて、土佐弁の時も字幕で同時通訳が必要でした。

・・・ってか、土佐って何処?←



それと。

パンフレットで阿久津船長、道口船長、田島船長。

どれが誰か、何となく解る自分が怖い←



いや、阿久津さんは一撃で解る。

「デカい!」その一言で全てが終わる。

青山裕次さんと阿久津さん、どっちがデカいんだろうか←182cm〜183cmほど。



道口さんもワリと一瞬で解る。

「ヒゲが似合わない。」

気になったらパンフレット確かめて下さい。

道口船長だけヒゲが異様に気になるので←



田島さんは流石の一言に尽きる。

船長姿も大名姿もサマになってます。

・・・・・。

阿久津さんの月代姿を拝まずに済んだ事を喜べば良いのか。

阿久津さんの月代姿を拝めなかったことを嘆けば良いのか。

とりあえず、パンフレットの・・・。

綺麗に服を着ている、筋肉の全く見えない阿久津さんが新鮮です。

脱ぎ散らかしてるイメージしかないんで←



あと、今回、初めて。

四季独特の、あの台詞回しが、若干、気にかかったのです。

いや、歌のシーンだと、あの開口法が無かったら。

何を言ってるか全く理解できないと思うので。

猫や怪人など、呼吸をしている間に終わる系統の作品は大丈夫なんですが←



台詞が多い作品になればなる程に。

「ん?」ってなるんですよ←

去年の人猫の時は、別に気にならなかったのに。

何故だ・・・?



そこら辺も含めて、千秋楽までに総括を出したいです。



しかし、歌う気で行ったら、字幕が下りて来るパターンではなかった。

字幕が下りてきて全員で斉唱して・・・。

っていうのが無いのだったら。

ファミリーミュージカルの冠、外した方が良いですよ。



さぁて・・・。

千秋楽の万次郎、誰だろう←




とりあえず、来週も船長狙いで行きます。

(そんな俺得なキャス変が)あるワケがないと思いつつ。

阿久津さんだと良いな〜<●><●>カッ

まぁ、確実に田島さんだと思いますが。

※ 阿久津さんサムだし、道口さんスカーだし。



誰が演じてようがホイットフィールド船長&島津斉彬は。

<●><●>カッ

ってなります。

ソンダンで僕が好きになった曲は主題歌じゃなくて←

島津斉彬が歌う「日本の夜明けが〜♪」っていうアレなんで。



キャス変が無かったら。

川口さんと三宅さんと内田さんを発見できるようになっておきます。

・・・川口さん発見したら眼からビーム照射します←



あと。

青山裕次さん。

阿久津さん。

タナシン。

深水さん。

牧野さん。

・・・いい加減に写真、新しくしませんか?

確かに、この阿久津さん異様にカッコいいけど←後ろのアレね。

青山裕次さんに至っては2002年から写真、全く変わってないぞ←いや、マジで。

タナシンも2005年くらいから写真、全く変わってないぞ←いや、マジで。



邪魔臭いのは解りますけど。

髪染めたり、ヒゲ剃ったり、生やしたり。

その都度、その都度、変えませんか?

猫やファミミュやソンダンでも無い限り。

我々は演者さんを近距離でガン見できないのです。

後ろの写真で微々たる変化を感じ取っているのですから←数少ない楽しみ。



マキャヴィティさんクラスタの中で。



「青山裕次はマキャヴィティを媒介に。

 悪魔に魂を売り、人の心を手放し。

 不老不死を手に入れたのだ。

 そうだ、そうに違いない。」



とか言われてたり、言われてなかったり←




では、本日の皆様。

千秋楽まで出続ける方々は頑張って下さいね。

僕は次、千秋楽まで観に行けませんので←





・・・で、3回の声変わりをする川口さんですが。

ブルック大尉の声は意図的な声だと思われます。

伝蔵親方の声も、僕が知ってる川口さんの声じゃないです←

役人のアレが素だと思われます。

・・・役人の時の声が最も、無理が無かった。

でも、伝蔵親方の時、異様にカッコ良かった。

川口さんだと認めたくない程にカッコ良かった←褒め言葉。





しかし。

「心を開いて」って、あんなに、むさ苦しい歌だったのか←褒め言葉。

1幕終わりじゃなくて、2幕終わりの方が好きでした。



それにしたって・・・。

2幕終盤の3人、最初に下手側に居る人。

・・・吐き過ぎじゃないか?



それにしても。

船上で洗わなきゃいけない状態になる程にパンツが汚れた、だなんて←



・・・何があったんだろう←♂

2014年7月2日 福岡CATS

どーも、どーも、どーも。

昨日の「私が勝った♪私の負けだ♪」が夢に出て来ました←

で、思えば・・・。

変態親子(注:クロロック伯爵&ヘルベルト)

で←

山祐が出れないのは家庭教師してるから・・・。

って、思ったけど。

お前も出とるやんけ、と、言いたい←シモン・・・。

やはり還暦に近い五十路と五十路に近い四十路の違いでしょうか?

でも、そんな事を言っちまえば、いっちーは・・・?←



寄り道しましたが。

本日、漸く福岡猫の感想文です←

何故、本日かは・・・お察しの通りです(苦笑)

いや〜・・・。

福岡、怖かったですわよ←

1度でも道を間違えたら、来た道を戻るか。

地図をガン見して、恐々と移動するしかないんです←

大通りに出たら、やり直せるから・・・。

西の都って、楽ね←

劇場に近接されている宿場で寝起きしておりました。

演者さんと同じ空気を吸っていたかと思うと・・・。

(;´Д`)ハァハァ/lァ/lァ/ヽァ/ヽァ ノ \ア ノ \ア / \ ア / \ ア

キモいとか言わないで下さいね。

キモくなくて、何がヲタクか!←ギルガメッシュ



そして1日目・・・。

7月1日に奇跡の6時起きをして。

ヲタの聖地を横に見ながら。

オノレェ・・・と言いながら船着き場へ←

・・・西の都の人なら、どの辺の事か。

大体、想像できましたかしら?

平日だから良かったけど←

休日だったら、恐ろしい数のレイヤーさんが居た事だろう。

そして、綺麗のススメを大量購入してから乗船手続へ←

美少女が出迎えてくれましたわ!



・・・うーん、キチンとしたカメラで撮影するべきなのかしら。

でも、場合によっては。

カメラより携帯の方が綺麗に撮れるし・・・←



あ、綺麗のススメは好き嫌いの分かれる味です。

でも。

僕はアレ、大好きなんですよ。

あ。

好き嫌いが分かれるのはライチ味で←

グレフル味は万人受けすると思いますの。

リンゴ味とかあれば最高ですわ!←


そして、船の中で撮影した。

人として軸がブレている写真↓



撮影した、僕が誰より驚いてます。

軸もココまでブレると一種、芸術に見える謎←

ええ、実際にコレを見ながら爆笑して。

「ね?コレ、採用?」って聞いたら。

姉貴も爆笑しながら「ネタとして採用!もう1枚!」って言われて。



あ、船体に身体を密着させた状態で撮影すると、こんな感じ↓



それでも、ジワリとぼやっとさせたいのが本音ですので。

軸がブレないように細心の注意を払って撮影した・・・。

けど、やはり人として軸がブレてしまった↓



ん〜、コレはコレで良いのかな?

ネオンをぼかしつつ、その他の部分がブレないって。

不可能な技なのかしら?←

そして、こんなアホな撮影会をしながら船キャッホーイしてました。

・・・仮にコンデジか一眼を所持していたら。

どうなっていたのだろうか。

・・・ワリとガチな撮影会していたかも知れない←

いや、年齢的に、そろそろレイヤー単体から。

カメラマンとしての腕も磨くべきなのですが。

何せ被写体が無いから、無機物とか植物とか風景で慣れるしかない。

何時も愛用している赤いカメラ・・・。

海に落とすのが怖かったので携帯を・・・←

って、思ったのですが、携帯を海に落とすのが。

最も怖い事だと撮影会が終わってから気付いた←

ああ、美しい景色は僕の理性を吹っ飛ばす・・・!

実際に、肉眼で拝んだモノは、コレの数倍は綺麗でしたので。

そして、7月1日の夜の10時〜11時くらいに薬を飲んで。

就寝しようとしたのですが・・・。

気持ち悪かったからなのか、煩かったからなのか、明るかったからなのか。

何故か、待てど暮らせど眠れず・・・←

気付いたら明け方の3時になっていて。

流石に焦ったので、寝ようとしたら意識が飛んで。

気付いたら2時間後←

眠れていたのか、単純に失神しただけなのか←

でも、眼を閉じて横になってるだけでも。

粗方の疲れは飛ぶらしく、寝起きは悪くありませんでした。

でも、若干、顔色がよろしくなかったので。

舞台並みのゴリゴリとした化粧になってしまいました。

・・・アレでも薄い方なんです。

ジャック・バルバロッサ・バババ・バンコランと比較したら←

私の目元がスゲェ事になっていたのは・・・。

オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェの仕業ですわ!←

ピンクのオスカル様とブルーのオスカル様。

どっちも使用してましたもの!←

ええ、無くなりそうにない状況でも。

金銭的に余裕がある時に。

ドラッグストアやショッピングセンターやコンビニで。

オスカル様を発見すると・・・。

アイラインでも密着マスクでも。

ついつい・・・←

ええ、下船後、シャトバスで移動後。

小倉のコンビニで。

オスカル様に抱きしめられているロザリーが視界に入って。

「キャ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」と言いながら思わず購入←

仮に。

オスカル様×ロザリーじゃなくて。

アンドレ×オスカル様だったら。

「キャ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」じゃなくて。

「オノレェ・・・!」

だったと思われます←

・・・でも、原作の。

「だが、忘れるな、私は女だ。」で号泣したので。

僕は・・・僕は・・・オスカル様ァァァッ!



おっと、猫だった←

で、ホテルのチェックインまで、若干、時間があって。

お誂え向きに半額クーポンが送られて来たので。

中洲のジャンカラで歌う、歌う、歌う←

3時間?足りねぇよ!←

フリータイムをフル活用しても、足りねぇんだから←

で。

観劇前の劇団ひとりぼっちが終わってから←

※ 正確には2人です(苦笑)



ホテルに移動。

チェックインを済ませて、カードキーでスムーズに入る僕を見て。

姉貴が。

「お前、所作に無駄が無さ過ぎて怖いぞ、逆に(苦笑)」と←

・・・カードキーデビューは6歳か7歳の頃ですのよ?

そして、海外に行く度に大抵、カードキーな上に。

国内も最近、カードになりつつありますのよ?

そして、僕は船内のテンキーの方が戸惑いましたわよ。

いや、テンキーで開けるのは問題ないんです。

・・・扉が重くて、全体重を預けないと開かないんです←

うーん・・・。

もっと食べなさいという天の啓示だろうか←

※ 最近、また41kg〜42kgになったので。



そして、ホテルでダラダラしてから←

ああ、僕は若干、着替えて。

シルバーアクセ、ジャラ付けして←

化粧を更に濃くして←

ヘアスタイルを既視感を憶えるであろう状態にして←

・・・愛に気付いて下さい!(苦笑)

いや、僕くらい長くなると。

地毛で猫耳も不可能ではないのですが。

後の処理が面倒くさいので←

だからってギャル男さん並みに盛ると髪、傷むし←



そして、ZEM歩きでキャナルシティ入り(苦笑)

あ、ZEM歩きに関しては「王様な猫」っていうのを読んで下さい。

でも、男性にはオススメ出来ません・・・←



更に、地味に昼飯が無かったので。

ラースタで食いすぎなくらい、食う←

・・・あの時のオジサマ。

僕、アレで食いすぎなくらい、食ってたんです。

そして・・・。

ラースタでオジサマに「何処になさいますか?」と訊かれた時に。

僕と姉貴が同時に言った「天一の他なら、何処でも。」と、ね←

・・・天下一品って、西の都じゃないですか。

※ 天下一品=天一

しかし・・・。

福岡と宮崎で、違うモノですわね・・・。

いさじ訛りを期待していたのに←



そして、ラーメンの感想なんですが・・・。

・・・僕は無理でした(苦笑)

豚骨ラーメン・・・。

不味いとか、そういう意味じゃないです。

ああ、僕ね。

食べようとしても無理な時があるんですよ←

拒食の気があるので。



そして、その後、タガーっぽいモノを探しながら。

キャナルシティをウロウロ←

流石にユカイさんは居なかった。

※ ユカイさんはヒョウ柄の意。

・・・そして、ホッサーも無かった←時期的に。

※ ホッサーはティペットorファーの意。



そして、劇場近くで。

偶然、タガーっぽい青いペンダント発見。

思わず、買っちまいそうになっちまったのですが←

値段を見て、現実に引き戻される・・・という。

宝飾品ですものね・・・(苦笑)

次に観に行く時までに。

キャストとか、アレやコレやで。

自分で作っておきます(苦笑)

・・・作れる自分が何かヤダ←



そして。

5時くらいから劇場前待機←

光魔法カッコいいポーズを何回か撮影してたのですが。

駄作ばかりだったので、今回は無しで←

光魔法カッコいいポーズしたら・・・。

加藤敬二さんや坂本登喜彦さんでも無い限り。

軸ブレ起こしますよね(苦笑)

※ 光魔法カッコいいポーズor可愛いポーズでググろう。

・・・加藤敬二さんの光魔法カッコいいポーズ。

観たいな〜・・・<●><●>カッ

で、劇場前のところにあった・・・。

チラシ?ポスター?

の、あのタガーって、阿久津さんですよね?←



そして、5時30分〜45分くらいに。

かなり時間あるのに、何故か、扉が開いた(苦笑)

急かしてしまったなら、申し訳ない←

普段が遅刻王なので、地方公演になると。

早すぎなくらいに到着するんです。

でも。

早すぎなくらいが、良いさ、準備はOK?←

で、エントランスに入って・・・。

ハクナマタタが聴こえてきたので。

ティモンパート歌ってたら、周囲がザワッとしたのですが。

・・・あのPV。

主旋律じゃなくて、ティモンパートしか聴こえないですよ?

・・・僕の耳が特殊なんだろうか←

そして、6時になって入場開始ー♪

どうも、入場アナウンスは女性じゃないとモヤッとする僕です←



入場後、発見したツッコミどころ↓



・・・公式カップリング、ありがとう御座いまーす!

お世話になりまーす!←

コレだけで何杯もイケる♪←

そして・・・。



・・・ハートマークが良かった。

ああ、ハートマークが良かった←強調。



そして。

売店でポストカードを1枚購入。

そのポストカードが、どうなったか?

(男性陣は何となく)解りますよね?

そのために感想文、本日まで引き延ばしたんですから←

今日が何の日か。

知ってる人は知っている←

知らない人は憶えてね♪←



で、似非ジャンクヤードで本格的な撮影会しようかと思ったのですが。

邪魔になると思ったので、今回は自重しました。

あの似非ジャンクヤードは・・・。

余りにも場内で無断撮影が多いから。

場外に似非ジャンクヤードを用意した。

って、感じですかね?

仮に、チケットなしで。

似非ジャンクヤードの部分に入って良いなら。

僕、自前の衣装持参して行きますけど?←

※ 持っとるんかい、というツッコミは無しで。



そして・・・。

姉がフェイスパックを買うが良い・・・!

と言ってきましたが。

僕には・・・僕には・・・。

オスカル様が居るので!←



さて。

前置きが長くなりましたが。

此処から本編です。

いや、前置きが長いのは楽しかったという証です。

ライオンキング(2回目)

2回目に対するツッコミはなしの方向で←

既に記憶があやふやなのですが(注:ご飯・・・)

え〜・・・。

純情な感情は去年に言ったので。

今回は不純な欲情&冷静なツッコミを←





・・・本日。

やっちまった自覚のあるアンサンブルの貴方←4人くらい(苦笑)

やっちまった自覚のある青い鳥の人←

やっちまった自覚のある親父殿←

やっちまった自覚のあるアホな叔父さん←

やっちまった自覚のあるモヤモヤのプリンス←

やっちまった自覚のあるチーム関西弁←

やっちまった自覚のあるハイエナ君←

やっちまった自覚のあるロリとショタ←

・・・悪気はないです。

思ったままの事をそのまま書いてるだけです(笑顔)

ついでに気になった部分をそのまま書いてるだけです←

更に関西弁チームには口調がきつくなってますが。

愛あればこそツッコミが激しくなるのです(苦笑)



付き合いの長い演者さんは・・・。

同じ作品の観劇が2回目になった途端に。

私のツッコミが容赦なくなるのご存知ですよね?←

特に青い鳥の人は・・・お久しぶりです。

最後に閉鎖空間で会ったのは何年前の話であったか・・・。

今回のメンバー、お初の人が多かったのですが。

青い鳥の人は・・・。

何で、あそこまで私の手の位置を高くする事が可能なのでしょう?

何で、あそこまで簡単に私を立ち上がらせるのでしょうか←

そして関西弁チームの緑の人・・・←

2回とも貴方という事は・・・。

何なんですか。

スタイリッシュ掃き掃除の犯人、貴方ですか?←




さて、コレだけだと何のこっちゃ?

ってなると思うので。

(何のこっちゃ?ってならない人は四季ヲタです)

続きで物語に沿ったツッコミを・・・←

初見の時と比較しまくってます。



覚悟完了しましたか?<●><●>カッ

2013年12月25日 ソング&ダンス60感謝の花束 大阪公演

ヴォーカルパート

飯田洋輔 李涛* 飯田達郎*

光川愛* 福井麻起子 松元恵美

ダンスパート

西尾健治 松島勇気* 厂原時也* 大森瑞樹*

斎藤洋一郎* 水原俊* 松出直也 林晃平

原田麦子 須田綾乃 井上佳奈 高田直美

坂本すみれ* 相馬杏奈 馬場美根子 加藤久美子*

(敬称略)


とりあえず。

待っていて良かった←

誰の事かは何となく解かりますよね?←

いや、ほら。

直前まで出てた人が。

当日に居るとは限らないのが。

怖いトコじゃないですか?

実際にクリスマス特別カーテンコールの後に。

全員が貰える赤いアレの中身に。

2月13日にキャーキャー言ってた相手が居ないので。

いや、そこら辺に対して文句を言える立場ではないのですが。



とりあえず、本日、観客席にて再度。

2月13日の時のような服装をしてました。

髪型がSAMさんみたいな状態でしたが。

気にしないで下さい←何時もの事ですから。

私の服装で男性陣、何人か笑いそうになってましたよね?

最後のロビーで握手の時に。

飯田洋輔さん「おうふ(笑)」って顔してましたよね?←

李涛さんが誰よりも「おうふ(笑)」って顔してましたよね?←

私の目は誤魔化せませんよ?←



そんなに私の服が面白いかね?←

実際に遠距離に居たラム・タム・タガーの李涛さんよりも。

何度も近距離を通り過ぎていた←

マンカストラップの松島勇気さん誰よりも私の私服で←

笑いを堪えるのが大変だっただろうから←

いや、目チカの段階で松島勇気さん。

既に笑いを堪えるのに必死になってらっしゃったので←

そんなに私の私服がユカイかね?←



とりあえず、初日から出続けてる。

松島勇気さん飯田達郎さん尊敬します←人外だろ(褒め言葉)

そして前回は出来なかったのですが。

今回は曲目紹介をしましょう。

いや、初日に曲目全部ネタバレとか、失礼な気がしたので←

もうすぐ千秋楽らしいので、そろそろネタバレ可能かな?←

可能であれば、もう1回くらい観に行きたいのですが←

芝居を観に行く日は目覚まし時計がなくても6時に起きれる。

謎のスタンド能力を会得した私です←

実際に「いざ、行かん!広島へ!」の時も6時に起床でしたから。



1幕。

オーヴァーチュア 四季 (アントニオ・ヴィヴァルディ)



愛した日々に悔いはない (コーラスライン)

シンガー枠の女性、3人で見事なコーラスでした。


生きているって素晴らしい(ユタと不思議な仲間たち)

とりあえず、初っ端の←

「生きているって素晴らしい♪今日から明日へ希望が続く♪」

を、歌っていたのは李涛さんだと思うのです。

私の耳は誤魔化せませんよ?←

「生きているって素晴らしい♪大きく伸びて行けるんだ♪」

を、歌っていたのは飯田兄だと思うのです。

つまり初日に歌っていたのは芝氏だって事です。

私の耳は誤魔化せませんよ?←



この後に導入部分の台詞があるのですが。

飯田兄(29歳)は年上のはずなのに←

若造にしか見えなかったからか←

説得力を感じなかったのは私だけでしょうか?


京都劇場の初日の。

芝氏(51歳)の時は。

「はぁっ・・・(//////)」ってなったのです←事実。


いや、ほら。

導入部分の。

「私達の60年間の歩み」っていう台詞は。

四十路とか五十路の人が言わないと。

歴史を感じないのですよ。

初日にアレを言ってたのは。

恐らく芝氏と井上智恵さんだったと思うのですよ、多分←



キャッツメドレー

オーヴァーチュア(CATS)


やっぱり、あの曲を聴いた瞬間に。

身体、全身がフワッと浮き上がる私は。

四季猫中毒だよ←


ジェリクルソング(CATS)

やっぱり、この曲がないと私は生きてられないです。

ソンダンの時は余り思わないのは何ででしょうね?


「黙ったまま堪えて強く(タガー)」←お前が言うな(笑)


やっぱりタガーナンバーでの。

「自己主張の激しさ」があってこその。

「黙ったまま堪えて強く(タガー)」←お前が言うな(笑)

なのでしょうか?←


スキンブルシャンクス〜鉄道猫(CATS)

この曲を歌っているのも、やはり李涛さんでしたね?

つまり、そうじゃない日は田邊真也さんが歌ってた。

って事なのかな?←

そして、CATSの時は誰かが煽らなくても自然と手拍子が起こる曲なのに。

何故に私が手拍子を始めるまで、誰も行動に出なかった?←

10年前のCATS No.1都市という称号は何処へ?

あの伝説のモニター設置の現場なのに。

あの頃の勢いは今、何処?←

そしてスキンブルナンバーの時の爽やかな歌声←

「はぁっ・・・(////////)」←


ミストフェリーズ〜マジック猫(CATS)

京都劇場で観た時は。

スキンブルナンバーでもミストナンバーでも。

爽やかなテナーだったのに。

音域がグイッと下がったよ。

更に英語が英語に聞こえた←日本語でOK(笑)

いや、何時ぞやの記事で。

「日本語が達者なのは構わんが英語の発音まで(以下略)」

と書いてたからでしょうか?

英語の部分が八巻さん程ではないですが←

私が「?」ってなるレベルになってたので←褒め言葉(笑)

私、英語の成績が10段階評価の1とか2とかなのですよ←

そして、李涛さんは、やっぱり異様に音域の広いテナーなのか←

ですが、あの音域すら私が本気を出した声より高いです。

実際に色々な人に驚かれますから。

カラオケで男女デュエット曲を1人で歌ってる時に。

オペラ座の怪人で。

クリスティーヌ→怪人→クリスティーヌ→怪人と。

女声と男声を次々と切り替えてる時に。

本物の男性が。

「え?!」って顔をするくらいに。

男性として申し分ない声を持ってるみたいなので←

そして。

松島勇気さん。

くるくるミストの時に。

軸が若干ですが、ブレていたのは←

全国ツアーをこなしてきて、お疲れなのですか?

心配なのです←


メモリー(CATS)

初日に聴いた時も思ったのですが←

志村幸美(CD)で慣れてしまうと←

高音のメモリーが何か違うと思ってしまうのです←



狂信者シモン(JCS)

この曲が流れる度に頭を振り回したくなる私は何なのだ←

いや、加藤敬二さんは←

観客が前のめりになるような作品を←

創りたいらしいですが←


前のめりになったら怒られるじゃないですか?

頭を振り回したら怒られるじゃないですか?

キャーキャー言ったら怒られるじゃないですか?

だからこそ服装で愛を主張してたのですよ←



ヘロデ王の歌(JCS)

あの曲、やっぱり。

一度くらいは下村尊則さんのを聴きたい。

って思ってしまいますよね。

なのに気付いたら退団されてましたから。

更に京都劇場から四季が撤退したって聞いたから驚きだ。

ああ、運営は残酷だ!←



私はイエスがわからない(JCS)

初日に井上智恵さんのを聴いてしまうと。

何か違うと思ってしまいますね←

いや、ほら、井上智恵さんは。

旧:福岡シティ劇場JCSを観た時の。

マグダラのマリアなので。

あの歌声に惚れたので。

それ以上の歌声を聴かせてくれないと私の心は動きませんよ?



ザ・ミュージック・オブ・ザ・ナイト(オペラ座の怪人)

初日に芝氏の歌を聴いた時は。

「連れて来た耽美なる世界へ〜♪」に聴こえたのですが←事実。

飯田兄はキチンと。

「連れて来た甘美なる世界へ〜♪」に聴こえた、良かった←



マスカレード(オペラ座の怪人)

やっぱりソンダンで聴くより、オペラ座の怪人で聴いた方が。

圧倒的にスッと世界に引き込まれるけど。

私は北海道まで行く元気はないので、コレで良し←



ガイ・ライク・ユー(ノートルダムの鐘)

コレで酷い目に合わされてるのが李涛さんですよね?

いや、酷い目に合わされてるとしか表現できないので←

実際に何度も笑いそうになったので←



天使が僕に(ノートルダムの鐘)

この曲の時に何度も何度も。

「はぁっ・・・」ってなった私は何なのだろうか←

いや、ほら、座席の位置的に目の前に来て下さるので。



パート・オブ・ユア・ワールド(リトル・マーメイド)

やっぱり、コレを聴くと。

現実逃避したくなりますよね←



キス・ザ・ガール(リトル・マーメイド)

この曲の時に「はぁっ・・・」ってなりながら。

笑いそうになる私は何なのだろうか?←

衣装が原因だと思うけど←



愛せぬならば(BB)

芝氏の時は良い意味で「何かヤダ」って思ったのに←

飯田兄が歌うとネタになってないから惚れそうになった←

そして、あの歌も私、歌えるのですよ←

そしてミュージカル好きの人と一緒に歌うと。

確実にコレを歌わされるのですよ。

↑ほら、地声が凄まじく低い=思いの他、スッと出るので。



お洒落は私の切り札(アイーダ)

アムネリスの衣装がバッて変わる度に。

色々な人が驚いていたけれど。

何となく解からないのかな?

脱いでるだけだろ?(笑)

モーニング娘。にしろ。

アーカーベーにしろ。

ジャニーズにしろ。

「?!」って早着替えを披露してるアイドルの皆さんは。

基本的に重ね着を脱いでるだけですよね?

ハナちゃんでもない限り、一瞬で着替えられる人は居ないですから。


とりあえず。

あの曲の時にカメラマンをしていた。

男性に一言←

カメラを私に寄越せ←

カメラの構え方がなっとらん←

私が撮影してやろう←

いや、他の場所からプロが撮影してるんだろうけどさ?



迷いつつ(アイーダ)

京都劇場の時も同じ組み合わせでしたが。

最初に歌い始めるのが李涛さん、ですよね?

あの普通の男性としての高音←要するにテナー。

その後に性別を疑う程の高音を出してるのが飯田弟ですよね?

更に2人で歌い始めてから。

「人は迷いながら何時か辿り着く〜♪」の辺りまで。

♂同士だと気付いてなかったので←事実。

その後「今、愛の目覚めが〜♪」で。

何事もなかったかのように男に戻ってましたよね?

アレの影響で脳内で←

李涛さん×飯田弟で同人誌を書けるレベルで萌えたよ←

いや、脳内で同人誌を書いた←



ま、どっちの声も私でも歌えるレベルの声ですよ。

李涛さんの普通の男性の高音も。

飯田弟の性別を疑う高音も。

飯田弟の普通の男性の高音も。

↑多分、どっちも異様に音域の広いテナー(笑)


サークル・オブ・ライフ(LK)

LKを観に行った後に聴くと。

「何ぞ?」

って思ってしまいますよね←

特にラフィキはLKを観に行った時の方が良かった。

その後の男性シンガー1、男性シンガー2の部分は。

何となく心配になったけど。

その後の「ハァアーホォー♪」で全てが吹っ切れた←


コレで1幕は終了。

幕間が余り無いように感じたのは私だけでしょうか?


2幕

ようこそ劇場へ(アプローズ)


飯田兄が歌ってた、って事は←

初日に歌ってたのは芝氏という事か←


ワン(コーラスライン)

人が出てくる度にザワッとしてたけど。

何となく解からないのかな?

鏡の裏でスタンバってるんだろ?(笑)


夢を壊すような事を羅列して申し訳ないのですが。

何となく解かってしまうのですよ。


この後に2幕の導入部分の台詞が入ります。

この時の台詞も、相手はプロだから。

文句を言う筋合いはないと思いつつ。

「若造が何をぬかすか。」と思った私は?←

いや、芝氏や井上智恵さんに言われると。

何となく、頭を下げたくなるのですよ。

いや、ほら、どれだけ観たか想いだせないくらい観に行ったので。

未だにサブリミナル・リトルマーメイドに返事が出せてませんが。

仕方ないじゃないですか、母親の影響で。

減ったはずの薬が増えて←睡眠導入剤+鉄剤+精神安定剤。

治ったはずの病気が再発したので←摂食障害が酷かった。

一時期は64kgあったのが半年で10kg痩せて。

その後、42kgになってしまったので。

今は48kg〜50kgに戻ってくれました、ああ、良かった。


ビー・アワ・ゲスト(BB)

やっぱ、コレはソンダンで観るより。

BBで花火がシュバババババババのアレを観る方が良いよね。

目が痛くなるけど←間違った事は言ってない(笑)


終わり無きこの夜(LK)

あの曲がダンスナンバーに生まれ変わるなど。

誰が想像していただろうか?


サウンド・オブ・ミュージック(SOM)

初日と比較したら。

何となく音質が変わったような気がしたのですが。

全国各地を回って、お疲れなのですか?

心配なのです←


もうすぐ十七歳(SOM)

あの曲、本物の舞台を観に行った人は。

ロルフを睨む人が居たり。

リーズルを睨む人が居たり。

・・・するんだろうな←憶測。


煉獄のおいらたち-暴走族-(夢醒め)

やっぱり、冒頭の「パラリラパラリラ」で本日も爆笑が起きてたよ。

私も笑っちゃったよ、やっぱり、アレで笑わない人、居ないよ。

そしてコレを歌ってるの李涛さんですよね?

ええ、声だけで解かるのですよ←

でも個人的には「アーォッ!」から始まって←CD。

「身体ごと跳んだー♪ハァァァァァッ!」って言って欲しいのです←CD。

いや、ほら、CD集めすぎなくらい集めてますから。

どんな演技をするかは各々の自由だと思いますが。

こういう演技をして欲しいと思うのも各々の自由ですよね?


煉獄のおいらたち-ヤクザ-(夢醒め)

コレを歌っていたのは飯田兄。

って事は初日は芝氏だったって事か←

それでも、あの曲は。

野中万寿夫さんじゃないとヤダ←

あの歌い方も完全に真似が可能なくらいに聴き込んでたからね。

あの曲は野中万寿夫さんにとっての。

「俺の歌を聴けぇっ!」だと思うのです。


煉獄のおいらたち-部長-(夢醒め)

とりあえず、飯田弟←

お前、30年も生きてないだろ?←禁句(苦笑)

「家族放り出し生きて来た30年」って歌詞から鑑みて。

中卒でも五十路じゃないとおかしいから。

いや、演者さんの実年齢を聞いて時々、驚く事があるので。

20代が五十路を演じるのも、五十路が10代を演じるのも。

構わないとは思うのですがね←


アンパンマンマーチ←今回の爆笑ポイントはコレ。

前回もそうだったけど、此処で笑いが込み上げた。

あそこまで綺麗なアンパンマンマーチ、逆に笑うよ←

とにかく、倒れた部長に手を差し伸べる両サイド←

「はぁっ・・・(////////)」←



友達はいいもんだ(ユタと不思議な仲間たち)

綺麗な歌声で癒されつつ「訛れよ」←

って思うのは私だけですか?



明日は近付く(ジョン万次郎の夢)

ああ、本当に去年、観に行っておくんだった。

本当に人生を無駄に過ごした。

巻き戻せるなら13歳の頃に戻りたい。


すべての山を登れ(SOM)

やっぱり、大阪四季劇場でやってる間に。

観に行っておくんだった。

すまないねぇ、私生活が荒れてたのだよ←2008年〜2012年と。


心を開いて(ジョン万次郎の夢)

歌の内容で←

「戯れ言を」と思ったのは私だけでしょうか?


アンダー・ザ・シー(リトル・マーメイド)

この曲を聴く度に「はぁっ・・・」ってなる私ですが。

やっぱり現場で聴きたいと思う私←

飯野おさみさんの美声を上回る美声は存在しないのか?



あきらめないで(ジョン万次郎の夢)

やっぱり、京都劇場から。

四季が撤退する前に観に行っておくべきだった。

客入りが悪いのは何が原因だと思いますか?



スーパースター(JCS)

飯田兄が歌っていた。

だからネタになってるからOK←

そして、この曲は。

芝氏にとっての「俺の歌を聴けぇっ!」だと思うのですよ。

いや、初日に冒頭の演奏が聴こえた瞬間に。

コレは絶対に芝氏が歌うと解かったので←

「来る、きっと来る、きっと来る」と思ったので←

実際に旧:福岡シティ劇場まで観に行った時は。

小林克人さんと青山祐士さんと高井治さんと柳瀬大輔さんを。

追いかけて行ったはずなのに。

見事に芝氏以外が視界から消えたので←事実。

ヘロデ王は半場さんだったけど。

仮に下村尊則さんだったら。

それこそ「どこ観たらええの?」ですよ。


アイ・ガット・リズム(CFY)

コレは完全にダンスナンバーに変わってましたね。


愛をありがとう(夢醒め)

コレの時に演者さんが観客席まで来て下さいますけど。

ファミリーミュージカルの時と同じノリで。

歌いたい人は歌いたいと思うのですよ。

実際に本当に歌える人は舞台まで声が届く程に歌えるはずなので。



コレで本編は終了←

此処からが本番です←

クリスマス特別カーテンコール。

本当に夢心地でしたよ。

そして飯田兄のメリークリスマス!で始まった特別カテコ。

・・・アムネリスの時の衣装にしろ、この時の衣装にしろ。

金爆っぽい、って思ったのは私だけじゃないですよね?

皆も歌って下さいって言われたから歌いましたが。

歌詞をくれ、歌詞を←

って思ったのは私だけじゃないですよね?


そして、歌詞入りの楽譜が上から降りてくる状態になったら。

ハモれる人はハモれると思うのですよ、あの曲。

実際に私、女声で歌おうか男声で歌おうか迷ったので。

男性がボーイソプラノから声変わりするように。

私も男並みのド低音から広げて広げて。

それでも未だに地声は低いのです。


そして、飯田兄が「ロビーでお待ちしてます!」

って事は初日は芝氏が言ってたのだね?



クリスマス特別カーテンコール。

今日までだからネタバレしても良いのかな?(何で飯野と変換されるの)

全員が貰える赤いアレの中身←

ま、私が言わなくても誰かが言ってるよね←


前回は。

飯田弟←何となく解かる。

松島勇気さん←身長で解かる。

芝清道さん←身長+顔で解かる。

井上智恵さん←顔で解かる。

坂田加奈子さん←顔で解かる。

とは、確実に握手した記憶があるのです。


今回は。

飯田兄←何となく解かる。

飯田弟←何となく解かる。

李涛さん←今回は解かった。

とは、確実に握手した感触があった。

そして場内からロビーへ移動する際に。

男性1人とハイタッチ←誰か解からなかった(苦笑)


飯田兄が年上なのに年下に見えるのは何故?←29歳vs24歳。

↑恐らく、私の人生が悲惨すぎたのですね?

飯田弟は私より年上なのが信じられなかった←26歳vs24歳。

↑いや、実際に歳、近いんだけどさ?

李涛さんの実年齢を聞いた後に近距離で見て←39歳vs24歳。

シンガー枠で最年長のはずなのに。

私より若く見えた←多分、髪の色が原因(苦笑)

39歳なのに39歳に見えない。

「はぁっ・・・(////////)」←


本日、155.8cmの私が3cm程のヒールを履いていたワケですが←

飯田兄は見上げなきゃ視線が合わない。

けど、そこまで長身だとは感じなかった。

飯田弟も見上げなきゃ視線が合わない。

けど、そこまで長身だとは感じなかった。

李涛さんは。

ディミータと間違う程にスレンダーだと認識してた。

のに、軽く上を向く程に身長があった。

飯田兄は165cm以上〜175cm以下。

飯田弟は165cm以上〜170cm以下。

李涛さんは160cm以上〜170cm以下。

かな?

って思いました←

全ては憶測です←

謎は全て解けてません←

155.8cm+3cm=158cm程度なのですが。

その状態で3人とも。

軽く見上げる必要があった=男性として申し分ない身長なので。

昔は184cmで今は181cmの父の影響で180cmあって当然だろ?

って時期があったのですが←

155cmの私からすれば160cm〜169cmも十分に長身ですよ。

184cmの父、友人、知人に180cmオーバーがゴロゴロと居る。

そんな環境で育ってみなはれ←

感覚が麻痺しますから←

ちなみに今回は3cmの底上げでしたが←

2月13日の時は8cmくらい底上げしてました←

あのブーツ、ワリと高めなんですよ。

でも、あのブーツで全力疾走可能なのですよ。

ですが、全力疾走すると失神するので。

医者に走るなと言われてるのです。

2013年11月23日 大阪四季劇場 LK

久しいな劇場よ←実に8年ぶり(苦笑)

我ら忘れはしまいぞ←

ロングランを支える礎が←

誰の手によって築かれたモノかをなぁ!←

(いや、リアルに)



とりあえず自分自身の誕生日を祝う為の観劇←

今回も当日にキャストが変わった←

いや、今回のキャス変は。

全く気にならなかったけど。

↑あの2人、私の中ではどうでも良い存在なので←失礼(苦笑)


姉貴の時の金森勝さんを観る為に。

チケットを取ったのに。

直前に下村尊則さんに変わったのは。

アレは良い意味での直前にキャス変だった。

実際に私はカーテンコールの時に。

スカー叔父さんの、ど真ん前に座れるように。

という意味でチケットを取ったのに。

いや、誰が出演してても文句を言う資格はないけど←


2005年のクリスマスチャリティのCDが発売されたのが。

2005年の11月23日だと知って。

良い意味で泣きました。


そして大阪に到着して間もなく。

大阪四季劇場で来年のLKのチケットを予約。

今度は1階で観るんだZE←


キャスト

ラフィキ 遠藤珠生

ムファサ 内田圭 *

ザズ 布施陽由

スカー 道口瑞之 *

ヤングシンバ 原光希

ヤングナラ 新美たま希

シェンジ 松田佑子

バンザイ 白瀬英典

エド 小田春樹

プンバァ 荒木勝

ティモン 川口雄二 *

シンバ 南晶人

ナラ 熊本亜記 *

サラビ 大和 貴恵


男性アンサンブル

奥田直樹 平田郁夫 近藤聡明 酒井康樹 田辺容

長手慎介 中村智志 文永傑 沢樹陽聖 中村巌

前田員範 塚下兼吾* 浜名正義*


女性アンサンブル

太田美樹 山本志織 時枝里好 平田曜子

山西里奈 小野さや香 江國冴香* 秋山舞

濱田恵里子 松岡彩花 今彩乃* 成松藍


1幕

サークル・オブ・ライフ

上に並んでる中で男性アンサンブルの中。

CDの男性シンガー1、男性シンガー2に。

キャスティングされてた2人の国籍が若干、気になった。

特に阿久津さんポジションの人が。

CDの阿久津さんのイメージを。

悪い意味でガラガラと壊してくれたので。


ラフィキさんは素晴らしい歌声でした。


そして「人生は不公平だ」の部分。

道口さん、声、物凄く低くなりましたね。

驚きました、惚れ直しました←

でも、私でも出せる音域です←

あの音域すら出せるのですよ←

CDの下村尊則さんは思いの外、声が高いから。

そしてCDのアンサンブルに。

今の劇団四季の中核を担っている人々が大量に居る←

北澤裕輔さん、雲田隆弘さん、大塚道人さん、等←

そして、その後。

ムファサとザズとスカー叔父さんのやり取りで。

スカー叔父さんに共感しすぎて泣くに泣けなかった。

ええ、居るんですよ、どこの家庭にも。

ムファサとザズのやり取りで。

「自分の事を言われてるよう」で。

マジでキレそうになったので。


大草原

あの空耳が酷いシーンね←

「ぐっさんのタンポポ」に聴こえるから←

そして、ムファパパの台詞の影響で。

「アリクイはアリを食べる」を思いだしてしまった←


朝の御報告

内田さん、ショタシンバ、そしてザズの人。

皆さん、楽しそうで何よりでした。

内田さん、ムファサのはずなのにワリと声が高かった。

まぁ、早川正さんも思いの外、声、高いからね←

実際にCDの中で私が苦しむ音域なのは。

濱田めぐみさんのみなので←

女性のはずなのに(苦笑)


雌ライオンの歌

色々な人が此処のシーンを口パクなんじゃ?

って言ってるのですが←

影コーラスの存在を知らない人、未だに存在するのか。

先に出てくる女性陣は踊る人達。

後にロリナラと一緒に出てくる人達が歌う人達。

それに加えて舞台袖から歌ってる。

・・・はず←


その後のスカー叔父さん。

やっぱり10年前から道口瑞之さんの。

凄まじく悪い顔に惚れていた私の目に狂いは無かったのですね?

「きっとコレはチャンスなのさー!」の頃からは。

考えられない程に声が低くなってらっしゃったので。

でも、それでも私の本気を出した声と同じくらいの低さです。

私が苦しむレベルの低さは。

ハイバリトン〜バリトンの人です。

テナーはトップテナーでもセカンドテナーでも。

苦しむ事無く普通に出せるのです。

元々、テナーだった男性が。

加齢と共に華麗に広がった声は出せるのです。



早く王様になりたい

ショタシンバもロリナラも、どっちも楽しそうだったZE←

喰っちまおうかと思ったZE←意味深(笑)

冗談です、ちゃんと微笑ましく観てました。

・・・でも、時々、喰っちまおうかと思ったZE←意味深(笑)


食っちまえ

CDを上回る程の迫力はなかった。

でも、日本語が気になる人は居なかった。

だから問題無し。


お前の中に生きている


内田さんは私を泣かせてくれましたよ。

うん、此処で泣く自信があったので。

化粧はしてませんでした←

ってか、この曲で泣かない人は居ないと思います。

ムファサが福井兄貴とか芝清道さんだったら。

俺、目からブリオッシュ以上の状態になってたと思う←


覚悟しろ

道口さん、相変わらず下村ismを継承なさってますね。

良い意味で泣きました←共感しすぎて(苦笑)

「あいつを狙い」の辺りとか←

「嫌な野郎を追い詰めろ」の辺りとか←

私の付近を指さされてた気がしたのですが。

私の目がおかしかったのでしょうか?←


石丸幹二さんっぽい何かを継承してるのは有賀光一さん。

↑王子様ポジション+イケメンポジション。

下村尊則さんっぽい何かを継承してるのは道口瑞之さん。

↑性別ぶっちぎりポジション+人外ポジション。


その考え方は10年前から全く変わってません。


ヌーの大暴走

このシーン、ムファパパが。

福井兄貴とか芝さんだったら。

確実に目からブリオッシュ以上の状態になってた。

だから、ある意味、内田さんで良かったのか。

↑いや、泣きそうになった事に変わりはないです。

ただ。

「お前の中に生きている」は別として←アレで泣けない人は人間失格だと思う。


「ヌーの大暴走」は。

演者さんの技量によって。

ムファサに共感するか。

スカー叔父さんに共感するか。

ショタシンバに共感するか。

変わってしまうので。


今回は私自身の悲惨な私生活と被ってしまってるからか。

ムファサとスカーの間で揺れ動いてしまいました←

・・・クリスティーヌじゃあるまいに(苦笑)


ラフィキの哀悼

申し訳ないですが。

雌ライオンの泣いている状態の時に。

笑いそうになってしまいました←

笑ったら失礼なシーンだから堪えたけど←


ハクナ・マタタ

色々な人が爆笑してたけど。

眉一つ動かさなかった私は←事実。

異端なのでしょうか?

何が面白いのか全く解からなかったのです←

いや、ホントに面白くなかったのです←申し訳ない(苦笑)

いや、京都で生まれて京都で育って。

純然たる関西の訛りを知っている私としては。

ティモンの訛り方もプンバァの訛り方も。

全く受け入れる事が出来なかったのです。


ショタシンバの演技も観ていて微笑ましい状態でしたが。

それでも全く面白くなかったので←

私の方が余程、面白い←

そして、あのティモンとプンバァと比べたら。

最盛期の有吉さんの方が余程、面白いわ←

寧ろ最近のネタを知らないだけかな?


最後にシンバが出てきた時に。

「心配ないさー!この世の事はぁぁぁ↑↑↑ぁぁぁ↓↓↓ぁぁぁ↑↑↑」

っていう歌い方をしてくれて泣きました←嬉し泣き(笑)

姉貴が観に行った時も南晶人さんだったらしいのですが。

その時はCDみたいな歌い方じゃなかったらしいので。

あの後、練習してくれたんですね←

という意味合いで泣きました←嬉し泣き(笑)



2幕

ワン・バイ・ワン

やっぱり「イボンベェーイ!」の人の。

言語が、かなり気になった←

CDの阿久津さんポジションなのに←

いや、アレ、日本語じゃないけど←

とりあえず。

李涛さんとか、金森勝さん。

レベルまで到達してる人じゃないと。

舞台に立っちゃダメな気がするんだ←

いや、金森勝さんは。

日本で生まれて日本で育った人だから。

日本語が上手くて当然なのですが←


私みたいな感覚で生きてる人間は。

その謎の言語ですら。

CDと比べて、何か違うと思ってしまうので。


スカー王の狂気

ハクナ・マタタの時のティモンとプンバァのやり取りより。

例のあの歌の方が余程、面白かったです。

そして姉貴の時は下村尊則さんだったらしいのですが。

此処で笑い過ぎて泣いたらしいのですが。

此処でスカー叔父さんが笑わせてくれるなんて。

下村尊則さん以外、有り得ないですよ←


このシーンで道口さん。

というより。

スカー叔父さんの人生に共感しすぎて。

泣くに泣けなかったです。


というよりナラの演技←

CDと比較したら迫力も気迫も全くないので。

ジェリロの時も地味に思ってましたけど。

CDと比べたら。

ジェリロの時のいじらしさ。

グリドル姐さんの時の悪女っぷり。

も。

全く出来てなかったので←

歌声は見事でした。

踊りも素晴らしいです。

ただ、演技の部分で「?」ってなってしまったので。


シャドウランド

ナラの声が高いってどゆこと?←

いや、ホントにCDと比較しすぎるのも良くないと思いつつ。

あの迫力を出せる人が現在の四季に存在しないの?

と、思ってしまう辺り。

大阪MBS劇場でやってた間に観に行っておくんだった。

もしくは濱田めぐみさんが在団してる間に。

東京まで観に行っておくんだった。


その後のティモンとプンバァとシンバのやり取り。

アレで自分自身の人生を小馬鹿にされた気になって。

若干、イラッとしました(笑顔)

うん、ティモンの、あの喋り方というより笑い方。

イラッとする人はイラッとするのですよ。


終わりなき夜

南晶人さんは私を泣かせてくれました。

いや、寧ろ、私が現在進行形で。

自宅にてコレの状態なのですよ。


愛を感じて

CDと比べるのを申し訳ないと思いつつ。

全く面白くなかったです←芝居として。

眉一つ動かなかったですし。

涙腺も刺激されませんでした。

CDは聴いてるだけで目からブリオッシュ出るのに。


お前の中に(リプライズ)

初っ端は全く涙腺を刺激されなかったのに。

ムファパパの声が聴こえた途端に涙が零れ落ちた。

って事は私がシンバの状態なのか(苦笑)

いや、ショタシンバとロリナラが。

ガキにしか見えないのは。

ホントに子供だから仕方ないとして。

シンバもナラもガキにしか見えなかったので←

↑いや、私の20年以上の人生が酷すぎたのかも知れませんが。


その後のナラとティモンとプンバァとラフィキのやり取り。

ティモンとプンバァより、ラフィキの方が余程、面白い←

そして最終的に私の方が余程、面白い←


シンバとスカーの対決

シンバ派か?スカー派か?

と訊かれたら。

迷いなくスカーと言い放ちます。

それくらい私は自宅で孤独です。

最後のあのシーンで。



下村尊則さんだったら泣きながら笑うと思います。

↑シモ様の演技で笑って、スカー叔父さんのシチュエーションで泣く。

金森勝さんだったら号泣すると思います。

↑金森勝さんの人生とスカー叔父さんの人生がシンクロしている。

更に私の悲惨すぎる人生とスカー叔父さんの人生がシンクロしている。


今回の場合。


道口瑞之さん←スカー。

内田圭さん←ムファサ。

南晶人さん←シンバ。


うん、迷うね(苦笑)

ムファサとスカーの間でクリスティーヌ状態に(苦笑)

スカーとシンバの間でクリスティーヌ状態に(苦笑)

ただ、スカーがハイエナに襲われていた時に。

手を差し伸べようと思うくらいの演技でした。



キング・オブ・プライドロック

サークル・オブ・ライフ(リプライズ)


最後の最後でも、やっぱり眉一つ動かさなかった。

私は異端なのでしょうか?

いや、ムファサは私を泣かせてくれました。

更に、スカー叔父さんも私を泣かせてくれました。

そして、葛藤中のシンバも私を泣かせてくれました。

ただ、その他のシーンが全く面白くなかったので。


カーテンコール

プログラム込みで7回か8回。

スカー叔父さんの、ど真ん前に居ました。

最後にスッと立ち上がりました。

拍手をする気にはなれました。

笑顔にもなれました。

ただ、Bravo!と言う気持ちにはなれませんでした。



やっぱり、子供向けの作品とか。

アンドリュー・ロイド・ウェバー系じゃないと。

泣けないのか、私←


「今の芝居は面白みがない俺の時代は段違い」と。

言いたくなりました。

実際に、この言い訳がましく恨みがましい性格を。

10年以上、家族の為に堪え続けてた私は何なの?

↑ええ、スカー叔父さんの人生と私の人生はシンクロしてるのです。


実際に今回のライオンキングで。

ハクナ・マタタで笑いまくってる人がいましたが。

海外からの観光客?関西以外からの観光客?

「本物の笑い」を知ってる人なら。

あの程度のネタでは笑わない筈なのに。


ちなみに今回、当日に変わったのは川口雄二さんです(苦笑)

2013年10月6日 人間になりたがった猫

ステファヌス 種井静夫 ライオネル 上川一哉

ジリアン 小川美緒 タドベリ 吉谷昭雄

トリバー 久居史子 スワガード 川原洋一郎


男性アンサンブル

大村真祐 戸高圭介 八百亮輔 深堀景介

馬場礼可 北村優 名児耶洋


女性アンサンブル

熊本梨沙 今彩乃 大森真理 渋谷陽香

若松小百合 鈴木晶子 江國冴香 石栗絵理

松島明希 滝沢和貴


もうすぐ君に会いに行くよが誰の事なのか。

本人にしか解からないだろうな←


そして今日、地味に千秋楽だったんですね。

千秋楽なのに、あんまり盛り上がらなかった。

何故に?

何時ぞやの美女と野獣の前楽の時は。

京都劇場と思えない程の盛り上がり方をしたのに。

しかも3回くらいショーストップして。

合計10回くらいのカテコがあったからね。

あの日、私は道口瑞之さんに対して。

壊れてしまったバランスが崩れた状態でした。


そして1幕の「素敵な友達」の時に。

タドベリ×ライオネルで。

「ホモォ…」が暴れ狂いそうになりました。

↑すいません(苦笑)

更に2幕の「素敵な友達」の時に。

スワガード×ライオネルで。

「ホモォ…」が暴れ狂いそうになりました。

↑すいません(苦笑)


そして。

2幕の最後に皆で歌おうの時に。

2階席の後方部から舞台まで。

声を届けようと必死になってましたが。

頭声で歌うと私の声は。

舞台まで届かないのですね。


地声を張り上げて南座のノリで。

Brava!って叫ぶと。

確実に舞台まで届くのに。


そういえばウェブ拍手、ありがとう御座いました。

毎回、気付くのが遅くてすいません(苦笑)


そして最後のロビーで握手の時に。

ライオネルとジリアンをガン無視していた私(苦笑)

ええ、若者に興味はないのですよ←多分、年上なんだろうけど(笑)

13歳の頃から23歳現在に至るまで←

キャーキャーと言っていた人々は。

大抵が三十路とか四十路とか五十路とか還暦なので。


そして。

本日の出演者の主要メンバーの6人のうち。

3人がどれだけの作品で観たか想い出せない人です。

4人が京都で何度もお逢いしてる人です。



そして中学生の時は。

物凄く長身に見えていた人が。

あまり長身だと思わなくなったのは。

私の身長が伸びたからでしょうか?

中学生の時は149cm〜151cm←

それが今は155cmで更に若干、ヒールを履いてたので。



そして。

1幕の最後の素敵な友達の時。

志村!後ろ!みたいな状態でしたね←

そして本日の主軸の皆さんが何歳なのか。

現在進行形で解からないです(苦笑)

2013年8月8日 ソング&ダンス60感謝の花束

ヴォーカルパート。

芝清道、李涛、飯田達郎

光川愛、井上智恵、松元恵美

(敬称略)

ダンスパート。

西尾健治、松島勇気、朱涛、大森瑞樹

斎藤洋一郎、水原俊、松出直也、林晃平

坂田加奈子、須田彩乃、井上佳奈、高田直美

坂本すみれ、相馬杏奈、西田ゆりあ、加藤久美子

(敬称略)



とりあえず、最初に一言(笑)


李涛さん、お誕生日おめでとう御座います←


まだギリギリ三十路ですよね?←


お手紙ですが(衣装的な意味合いで)

自分の締切に必死だったので。

今回は書けませんでしたが←

「客席の後方」から←

「低い声」で←

「何度も何度も叫んでいたのが私」です←

「今年の2月の広島猫の時」は。

「若干」ですが←

「声が高かった」かと思いますが←相手がタガーなので(笑)

あの「凄まじく低いブラヴァー!」が←

「私の地声」です(苦笑)

あと手拍子を若干、煽っていたのも私です←

特にスキンブルナンバーと←

ミストナンバーで←


手拍子を凄まじく煽っていました←南座のノリ(笑)

俺の嫁(タガー)と←

時刻表(スキンブル)

歌ってたの、どっちも李涛さんですよね?

↑何となく歌声で解かる(笑)


あと、近距離で松島勇気さんを久々に拝みましたが。

私が若干、ヒールを履いてたのもありますけど←

それでも2cmか3cm程度。

1hydeですか?1hydeなのですか?←私は155cm。

つまり「大人しくて小さな可愛い黒猫」だと言う事か←

あとジェリクルソングで「恐れないか?」の人が若干…、まぁ、仕方ない←


ミュージックナンバーが。

私が今まで何回も聴いた事のある曲や←

何度も観た事のある作品だったり←


聴いた事はあるけど←

観た事はない作品だったり←CDね(笑)


特に。



「あそこまで綺麗なアンパンマンマーチ」は。


「逆に笑いを堪えるのが大変」でした←




そして。



狂信者シモンの時に。



若干ですが、頭を振り回したくなりました←現代っ子。




そして「芝さんの見事な歌声」は←

「今も健在」だと←

「実感」しました。

が、最後の方、若干ですが。

掠れてましたよね?←

スーパースターの時(笑)


でも。

「例のハイパー俺のターン」は←

「今も健在なんだな」と←

「実感」しました(笑)



あと、芝さんを近距離で久々に拝みましたが←

やっぱり大きい人ですね←身長(笑)

…私が小さいのか←155cm。

そして音域が異様に広いですよね。

低い部分は凄まじく低いのに←

高い部分は凄まじく高いから←



…上に広げたのですか?←


そしてヤクザのナンバーは←

野中万寿夫さんじゃないと何かヤダと思いました←


あと「迷いつつ」を←

「♂同士」「歌う」とか←

「狙ってる」のですか?←

「私」を←

「萌えさせようとしてる」のですか?←

「途中まで♂同士だと気付かなかった」くらいに。

「異様に音域が広い♂同士のデュエット」だった(笑)


そして。

所々で宝塚っぽい演出があったりして←


嬉しかったです←



ただ「あのミラーボール」は←

(観客の)目に悪い気がします←



更に「パラリラパラリラ」で←

「腹筋ブレイク」しました←

あと。

「暴走族ナンバー」を←

「歌ってた」のも←

「李涛さん」ですか?

「歌声」で←

「何となく解かる」のですよ(笑)




暴走族ナンバーの時も←

若干、頭を振り回したくなりました(笑)




そして←

男性陣に私よりも←

圧倒的に声が高い人が大量に存在
しました。




特に李涛さんの歌声は←


私の地声より圧倒的に高いです←


それとも音域が異様に広いパターンですか?←


地声歌声差に驚かれますからね



今日のド低音のブラヴァー!が地声です(笑)

2013年2月13日-CATS

絶え間なく注ぐ愛の名を♪永遠と呼ぶ事ができたなら♪

言葉では伝える事が♪どうしてもできなかった♪優しさの意味を知る♪

130213_1735~010001.jpg

HOWEVER←GLAY(テル立ち)


詳しい人にはタガーが大好きなの一撃で見抜かれますね←

こう見えて24人と27匹の嫁!と言い放つレベルでみんな大好き!

そして野郎は全員、俺の嫁!


長老会(オールドデュトロノミー、アスパラガス=グロールタイガー・バストファージョーンズ)

両翼(マンカストラップ、ラム・タム・タガー)

御三家(マンカストラップ、ラム・タム・タガー、ミストフェリーズ)

四天王(マンカストラップ、ラム・タム・タガー、ミストフェリーズ、スキンブルシャンクス)

ヤムチャ(マンゴジェリー)

マイナーズ(ランパスキャット、コリコパット、カーバケッティー、ギルバート)

ツインタワー(マキャヴィティ、タンブルブルータス)


ヤムチャで噴いたら10年選手認定(笑)

だって両翼、御三家、四天王、と凄まじい面々に←

「マンゴジェリー」を入れたら「クリュー」に格下げ←

だからヤムチャ扱い、ヤムチャは亀仙流だから山吹色(オレンジ)だしね。

そして大阪→静岡→広島→五反田と追いかけ回した時←

マンゴジェリーはアホの子でした(笑)

「disっているワケではない」です。

「コメディアンから綱渡りアクロバットと何でも」という「歌詞」の。

「コメディアン」「忠実に再現」したら「あんな感じになる」だろうから(笑)

今回、真面目なマンゴで若干、残念でした←顔芸しないマンゴジェリーとか(笑)

忘れもしない2002年12月14日、13歳の冬、夜の公演。

四季にも舞台にも男にも興味がなかったような私。

↑宝塚の男装の麗人が大好き。

「一緒に来ないと飯は無いと思え!」

という脅し文句で仕方なく一緒に行った大阪MBS劇場←


中学生でしたから何かと反抗的な時期だったんです。

今はご飯なくても平気になりましたが←

当時は朝飯食いながら昼飯何やろか、とか。

昼飯食いながら晩飯何やろか、とか考えて。

更に晩飯食いながら、明日の朝飯何やろとか←


しかも弁当箱が男子レベル←

合唱とかバレエとかやってると腹が減ってしゃーないから←

で、歌を習い始めたのもバレエを習い始めたのも猫の影響←


そして、この日から私服が何かゴツくなった←

見えてませんが穴だらけのゴツい黒のベルトをしてます←

そして10年選手…アイツの影響で私服がHR/HM(笑)

しかもゴツいベルトとかチェーンまで真似してるからね←


CATSのロゴや黄色い眼の付いたコレの前で。

カッコいい(笑)ポーズをするのが←

中学生の頃からの夢だったんだ…(上半身、全てメンズ)


そして、化粧は目元のみ←

ハイライト、シャドウ2種、アイラインで十分←マスカラなし。

蒼白い顔を誤魔化すチークも今回はなし。


口周りのヒゲ的なモノを除去して←

目元を京本政樹にしたら←

私服がコレなんだろうなと思われる←V系。


普段は、ここまでユカイじゃないよ?

新世界ならコレでも可愛らしいけど京都でコレは浮く(笑)


ユカイな服装のユカイとはダイヤモンド☆ユカイさん←

「白いブリーフ」で有名になってしまった←

自称プロのロックシンガー←


関西弁はどこに遠征しても隠さない、標準語もイントネーションでバレる。

確実に大阪の人間だと思われてますね、大阪から居た人には←演者さん。


ただ、上演中タガーがキャーキャー言われる場面で。

観客がキャーキャー言ったら怒られるから。

タガーへの愛を言葉なく伝えるためには。

ユカイな服装(ヒョウ柄)しかないじゃない?

そしてヒョウ柄=大阪だと認識されてるとしたら。

10年選手だと思われるじゃない?

実際10年選手、当時13歳←今23歳。


2003年の冬に嵐のコンサート以上の人間が集まったという。

伝説の千秋楽、まさかの外にモニター設置(笑)

チケット取れなくても最後の瞬間まで見届けたい!という想いから劇場周辺に群がる←


「カウントダウンに駆けつけろ!」のチラシ俺の嫁だらけ(笑)

そして↑という謳い文句の影響か←

マジでチケットないのに駆けつけた←

そしてほぼ全員、どこかの閉鎖空間(劇場)でお会いしてます(笑)

2003年〜2005年と関西に来ていた演者さんには。

「またお前か(笑)」と思われていた事でしょう←

酷い時だとマチソワしてたし3日連続で観に行った時もあるし←

しかもカーテンコールで、やたらと叫ぶからね←南座のノリ。

時に閉鎖空間での僕は、過激でしょうか?





実際に中学3年生の時に大阪のアイーダを初めて観た時に。

主役、ガン無視して「ゾーザー様ぁぁぁっ!」と叫ぶ←チャミさん。

飯野おさみ氏よ?元祖ジャニーズよ?←

今でもあおい輝彦とかとマブダチなんだろうか?


ここからレポ開始、私の記憶力はエグイです←

*グリザベラ:佐渡寧子

*ジェリーロラム=グリドルボーン:熊本亜記

ジェニエニドッツ:鈴木釉佳之

*ランペルティーザ:大口朋子 ☆

*ディミータ:坂田加奈子 ☆

*ボンバルリーナ:増本 藍 ☆

シラバブ:五所真理子

*タントミール:小川美緒

ジェミマ:小笠真紀

ヴィクトリア:斉藤美絵子

カッサンドラ:藤岡あや

以上、女子/以下、男子

*オールドデュトロノミー:青井緑平

アスパラガス=グロールタイガー/バストファージョーンズ:正木棟馬

*マンカストラップ:松島勇気 ☆

*ラム・タム・タガー:李 涛 ☆

*ミストフェリーズ:岩崎晋也 ☆

*マンゴジェリー:龍澤虎太郎

*スキンブルシャンクス:劉 昌明

コリコパット:横井 漱

*ランパスキャット:笠松哲朗

*カーバケッティ:一色龍次郎

ギルバート:新庄真一

マキャヴィティ:桧山 憲

タンブルブルータス:光山優哉


*はどこかの閉鎖空間で会った事がある人、☆はCATSで会った事がある人。


まっしまん、岩崎さん。

出世したね←アンデルセンから一方的に存じております。

でも、この中で誰よりも出世したのは涛さんじゃないか?


大阪でマンゴジェリー(ヤムチャ)

静岡でマンゴジェリー(ヤムチャ)

五反田でスキンブル(四天王)

広島凱旋で遂にタガー!(両翼)


タガーって演者が美形演者がエロいか、だからね←某タガーは単なるエロ親父(笑)


そして宝塚系の美女と間違える程に涛さんがけっこうな面構え←

大阪の銀色のヤツだとヒゲあるけどなかったら男前だと解かる←


カーバとギル(踊ってばかりの似た様な柄)

兄貴とランパス(どっちもモノクロのデカ猫)

鉄じゃないスキンブルとマキャ(激しく黄色)

↑を間違えないレベルに到達しても。

増本ディミ李マンゴはマジで間違えてました←美形のオレンジ。

どっちもオレンジ、ただ、性別が違う(笑)


ただ←

涛さんがタガーになったという事は私の眼に狂いはなかったのだね?←

涛さんがけっこうな面構えをしていると中学生の時に認識、高校生で確信(笑)


そしてロビーで発見したツッコミどころ。

130213_1748~010001.jpg


そこはタガーだろ(笑)

普通、四季の劇場ってスタッフが女しか居ないんじゃないの?

ってレベルで女性が多い気がするのですが?

ほら「四季のお姉さん」って言葉があるくらいだし?


なのに、妙に男が多かった土岐市のアンデルセンも男が多かった。


そして「ただいまより!」を言ってる男性スタッフより。

私の地声のほうが余程、低い(電話だと確実に男だと思われる)


そして姉貴が物販へ行った後、先に座席へ。

10年選手にもなると座席の番号だけでどの辺か解かる←

そして姉貴はユカイな私で一瞬で座席を把握(笑)

座席下に荷物を収納した後、ゴミをチェック←

場内ゴミ少なくね?2階席が蔑ろにされるのは地方公演の様式美←

なのに1階の後ろから既に蔑ろ…。

何や?客入り悪いからって経費削減しとんか?

10年前は2階席の真ん中までゴミだらけやったやないか?←


まぁ、五反田のキャッツシアターが入った瞬間、ロンドンなのは。

キャッツの為の専用劇場だから別格だけど←ゴミと一緒に回れるからね(笑)


ご当地ゴミを探してたら紅葉まんじゅうと工具箱発見。

そして折り畳みの携帯やアンテナの付いた携帯やPHS(爆笑)

ちょっと前までポケベルあったよね?

そしてNintondoのゲーム機でフイタの私だけじゃないだろ?←

そして確実にあるキッチンハイター(笑)

そして各所にある丸いゴミの裏側はガチな時計です。

↑知ってる人は知っている。

で、開演前に舞台上のゴミはチェックしようね。

回転したら二度と見れないゴミとかあるからね←


そしてCATSの歴史が見れる巨大なアルバムというゴミがあった(笑)


ってか1983年に初演って事はだよ?

2013年の11月11日でCATSが三十路!



そして安定と信頼のエレキ!エレキで笑う人はレベルが高い←

マキャさんが掴まりながら「ヴァーッハッハッハ」のアレね←


南山さんは「ワッハッハ」←言わされてる。

赤瀬さんは「ギャーッハッハッハ」←熱演してる。

青山さんは「ヴァーッハッハッハ」か「ドゥハハハハハ」←もはや楽しんでる。



その青山さんが中学生の時←ほぼトラウマ(笑)


しかし「写真はご遠慮ください」がよく聞こえる。

ロビーは兎も角←場内は撮影禁止なのは常識じゃないの?


場内案内はメッツォの女性が1回目、バリトンの男性が2回目。

まぁ、バリトンな段階で3人に絞れるけど←


1幕

目チカ→マンカス

目チカ用のライトは後ろの座席の人に向いてましたが。

まっしまんは「私の眼」をガン見(されている気がしました)

ユカイな服装がツボったのか息というか声というかが、漏れてました←笑いを堪えてる?

座席の位置的にも服装的にも「どう見てもタガーが大好き」なのは解かったんだろうね。


ただ、どっちかって言うと「マンカスお兄ちゃん」でした年齢差とキーが問題かな?


まっしまんは恐らく10歳〜15歳くらい年上のお兄ちゃんで爽やかなテナー。

兄貴とか軽く20歳以上離れてる上に艶やかなハイバリトンです。



私が13歳の時アラサーか三十路だったなら今、男盛りですよね?

13歳から見た三十路は「兄貴」です。

23歳から見た三十路は「お兄ちゃん」です。



ジェリクルソング

冒頭の「産まれたのか」で「?!」ってなった←

福井兄貴(艶やかなハイバリトン)で慣れた耳には考えられないキーの高さ(笑)

まっしまんテナー?福井兄貴はハイバリトンですよね?おや?←


そしてタガーさんがファサファサもベルトもチェーンもないのに。

タガーさんをタガーさんと認識してる上に←

どこから現れるかも知っている←現れる前から見ている(笑)


そして野郎のキーが全体的に高い(笑)

明らかな低音がツインタワーとミストだけ←

ツインタワーはバリトンが普通だけど、ミストがハイバリトン(笑)

いや五反田のタンブルだから声が低くて当たり前だけど←


「どんな時でも遊べるのか」の時に。

足元をカッサが通り過ぎていった後姿だけでもヅラを見りゃ解かる←

タントは今ソロを歌っている=舞台に居る=あのヅラはカッサだけだ(笑)


そしてマキャさんがギルを丁寧にブランコしとった。

黄色「いくよー」←ホンワカ。

隊長「おうよ!」←既に漢気。

黄色「はーい!」←実に丁寧。

隊長「ほいさ!」←キレキレ。

黄色「ほいよー」←ちょっと強め。

隊長「おうよ!」←キレが増す。

黄色「お帰りー」←両腕でギルを抱き締めて、ブランコ回収。

隊長「っしゃ!」←この時ばかりは観客ほぼ全員ギルを観るからね。



いや、私はギルをギルと認識した上で。

空中ブランコで凄まじく目立っているギルの後ろで。

ギルのアシストをしているマキャさんを見ています。

そしてアレがマキャさんだと知っている。


プラティカルキャッツからの一連のアレの時にさ…。

「シニカルキャッツ」と「捻くれキャッツ」で←

ほぼ全員、私を指さすか見るって何?

私の服がそんなにユカイかね?

タガーさんに至っちゃ半笑いですよ?(捻くれ=タガー)

半笑いに観えたのは私の目がおかしかったのでしょうか?←


涛さん大阪から居るから関西人は当たり前のように。

ヒョウ柄を着ると認識してそう。

大阪ではない←関西は否定せんが(京都だから)


ネーミング

睨めっこ→コリコ、ディミ(真横)タガー(キャットウォーク)

コリコは気性が荒い設定だから激しく睨んでくる。

が、凌駕する迫力で睨み返す←成田屋レベル(笑)

コリコが動揺していた←

そして若干、笑顔←普通は真顔のシーン、真顔の役。

私のユカイな服がそんなに面白いかね?

私はシェパードやドーベルマンが大人しくなるレベルの鋭い眼光←

コリコたん、2010年に研究所に入所なら←

年齢が近い可能性があるね←駆け出しは20代。

歳が近いなら男だとしても←

迫力で私に勝てるワケがない←当たり役、ほぼ悪役or人外。

「アカン、ムリ(苦笑)」と判断したコリコたんが←

違う方向を見て引き攣った表情のまま、前方へ←


おい!コリコ!地毛、見えとるがな(笑)


そしてキャットウォークに俺の嫁!←タガーさん(笑)

最近の睨めっこは視線を外すまで続かないらしいですが←向こうが逸らす(笑)

タガーさんガン見してきました←大阪のシステム(笑)

しかも半笑い、位置的にも服装的にも「タガーが大好き」なのは明白←


あっちが視線を逸らさない、私も逸らさない!

あっちは笑いを堪えるのに必死、私はドヤ顔!



背後ってか耳元でディミ姐さんが威嚇レベルで睨んできたけど。

1秒ほど「邪魔すんなダボが!」と睨み返してタガーさんに戻す←


その瞬間あまり笑わない設定のディミ姐さんが(笑)

笑いを堪えるのに必死になっていた(笑)

ユカイな服でタガーが大好きなのは明白な上に視線の先にはタガーさん(笑)

眼光鋭いまま口元だけ笑ってるレアなディミ姐さん(笑)

込み上げる痛みや咳や笑いをグッと堪えるのが舞台人の基礎←


そしてタガーさんは「コレ以上はムリ(苦笑)」と判断したのか。

引き攣った表情で2階席へ消えた(笑)

引き攣るのもムリはない10年選手のタガー好きは←

「アイツら」を期待してるからね←



ヴィクトリアソロ

ああ、綺麗!ああ、息するの忘れる!

そして動き方が若干、DVDっぽい←

ミストフェリーズ、DVDだと←

ヴィクたんの脚を思いっ切り触ってるのに。

岩崎さんは触ってなかったね下手したらセクハラで訴えられるからね←

タガーがどんなにセクハラしようと許されてるのは←

「そういうヤツ」だからです←

某エロ親父に文句言える人、居ないでしょ?←芸歴的な意味で(笑)


そしてミストフェリーズがデカい、声が低い(笑)

「ジェリクルキャッツ出てくる」の部分で←

笑いそうになったよ←普通はテナーだから。


開会式

ここの正式なタイトル知らないけど。

10年選手は開会式とか開幕宣言って言ってるよね?

そして実に爽やかなテナー。

でも私は手前でジェムたんを抱っこしているマキャさんを見ているのです←

うん、デカ猫はとりあえず抱っこ要員だからね←抱っこ=リフト。

あとさ、私は最後の部分は「それは誰か?」の方が好き←

「それは誰だろう?」って何かニュアンスが柔らかくないか?

猫なんだからどこまでも上から目線で見て来いよ(笑)


開会式にタガーは居る、ドッツは居ない。

お兄ちゃんの「色々な生き方の猫をお見せしよう!」の直後に。

シレっと消えてます←

(ベルトとチェーンとファサファサ付けなきゃダメだからね)


ドッツナンバー

お兄ちゃんのソロ、ああ、なんて爽やかなテナー。

例えるなら園岡マンカス(初演CD)くらいの高音です。

ネズミのランペルを腰でクイッは福井兄貴じゃないか!(笑)


デカいゴキブリが横をシュッと通り抜けて行った。

黄色!黒!黄色!だったから、マキャさん。

ゴキンブルは後ろからは来ない←

いつぞや青山さんが黒!黄色!黒!だったのは。

誰かが青山さんのゴキブリ衣装を間違えて着てしまったのかな?

基本的にタッパないとキャスティングされないから。

黄色がはみ出すのはいつもの事だけど。

お腹の部分、丸見えの状態だったからね。

いや青山さんがデカいんだけどさ?←183cm〜184cm。


お兄ちゃんとミストが吹っ飛ばされる時。

猫専用通路…兄貴は客席に吹っ飛ばされてたのに演出変わったの?←アレから10年。


タガーナンバー

お兄ちゃんの優しいエスコートをガン無視して壁の妙な切れ目をガン見(笑)


俺の嫁(李涛)が俺の嫁(ファサファサ)になって登場!


そして出てきた瞬間「ミャーウ」

ジョンタガー(笑)

キーが恐ろしく高い。

キムタガー(笑)

マンカスお兄ちゃんがテナーだから、キムタガー(ハイトーン)にしたの?


キーがキムタガー。

動きがあっ君+八巻さん+荒川さん。

素晴らしい笑顔が兄貴。

女性の好みが芝さん。

やや、ジョンタガー。

俺の嫁達を混ぜて割るとああなるのか(苦笑)

未だ嘗て見た事のない種類のタガーでした。

しかし「10年選手が好きそうなタガーを全て再現する」とか流石だな。

キムタガーの「どこまで伸ばすの?」とか。

連れ去りガールの席に座るアレとか。

尻尾をギターやマイクにするのは様式美だけど。

まさかの自分の脚をギターにしていた!

流石、元マンゴジェリー!←


芝タガー、荒川タガー、八巻タガー、キムタガー、福井タガー、阿久津タガー。

10年選手が好きそうなタガーを全て再現しつつ←

ジョンタガー混ぜつつ。

オリジナリティー溢れる脚でギターという←

「元マンゴジェリーだから可能な技」を披露←李タガー。


流石、10年以上出続けてるだけあるな(笑)



デコチューなかったのは私の眼光がえげつない事になると←

予測してのことかい?実際にディミ姐さんやタントよりえげつない顔で←

連れ去りガールを睨みつけていた←

野郎どもが笑いを堪えるのに必死だった気が←

「どんだけ好きなんだよ(苦笑)」みたいな顔してましたよね?←

愛に気付いて下さい!




そしてタガーオンステージでの手拍子。

一階上手後方に手拍子煽る系、10年選手?5年選手?

上手後方から慣れた感じのが聞こえた。

ただ、何で上手?タガーが好きなら下手へ来い!←

私のような「気合の入った10年選手のタガー好き」の「影響」で。

チケットが取れなかったなら、すまない事をした←


グリザナンバー

タガーさんのピンスポが外れた後も、はけるまでガン見←

タガーさん笑いを堪えてましたよね?←

堪えてるように見えましたよ?←

「まだ見とる(苦笑)」みたいな←

そして寧子さん、キー高くね?

コレが正しいのかも知れんが←エレイン・ペイジはコレくらい。

いやー、志村幸美(CD)で慣れた耳には若干、高すぎに感じるんです(苦笑)

そしてヴィクたん、ディミ姐さんの制止は全く聞かないのに。

マンカスお兄ちゃんに制止されると素直に聞く、お前もか(笑)

そして安定と信頼の「ブルータス、お前もか!」

はけ気味のグリザ姐さんが見えないレベルで←

近距離に丸いモノが…夢と希望、詰めすぎじゃね?


バストファナンバー

お兄ちゃんしか見てません(苦笑)

「いらっしゃーい」の直後の「うわぁ…」って顔(苦笑)

そして実にウザそうにタイヤに移動して胡坐。

バストファ氏に挨拶された時の「はいはい、どうぞ」みたいな顔(笑)

ただ、その時は笑顔で背を向けられると「うぜぇ…」って顔(笑)

日本ってそんな感じよね←DVDのアレは日本だとありえない。

ずっと胡坐だったけど←

途中から「日曜のお父さん」になるのは兄貴だけ?

下手側の地味が後ろの女性陣に食べかけを投げる。

女性陣が「うわぁ!要らない!」と投げ合い。

最後にお兄ちゃんが「食うか!」と投げ棄てる←


第一マキャ

ちょっと漢気が増すお兄ちゃん。

横を駆け抜けていく時。

凄い形相なのに一瞬、笑う←いや、絶対に笑ってただろ(笑)

ユカイな私の私服が原因だったらすいません←


マンペルナンバー

ソワレのみなのに息切れ起こすってどういう事?

全く息切れしない趙マンゴとか李マンゴとかがレアだったの?

あと「すまなそうに泣き声で」の時の過剰な演技や顔芸がない←

いや趙マンゴと李マンゴどっちも「マジですまなそう」だったから(笑)



長老ナンバー

上手後方から光を浴びてモップ登場←爺様。

そして「オールデュトロノミー」…いつもの事だが「ド」はどこ行った?

まぁ「デュトノノミー」じゃないだけマシか←

あと10年前だと何人か「しやわせ」って言ってるヤツいたね←



舞踏会

スキンブル、デカすぎねぇか?

マキャとトントンか、マキャよりデカいんだけど。

縞模様強調がスキンブル←

全体的に黄色でお腹真っ白がマキャさん←

ミストが厳つい(笑)

顎の黒いメイクがヒゲに見える(笑)

サイドの黒いメイクがモミアゲに見える(笑)

元タンブルだからタッパあって当然だけど←


ランパスキャットの。

「ジェリクルキャッツは黒と白!ジェリクルキャッツは小柄!」に対しての。

「お前が言うな(笑)」


コレは大阪からの様式美(基本的にランパス役の人はデカいから)


今回はミストフェリーズの。

「ジェリクルキャッツは寧ろ小さ目」に対しても10年選手からすれば。

「お前が言うな(笑)」

っていう状態でしたね(元タンブルブルータス=180cm前後の長身)


あと、今回のデカ猫、恐ろしくデカいね。

どれくらいデカいかというとデカい設定のランパスが小柄な部類(笑)

元ミストのまっしまんが小柄だからかデカ猫が全員ジョジョ立ち←

大阪からの猫好きはマンカスはデカいと信じてるからね←福井兄貴の影響で。


第一メモリー

入りが高いけど、徐々にキーが下がる。

昔は高い声出せたの、昔はちゃんと踊れたの。

でも今はムリっていう悲壮感がパネェ。

溜息漏れる程、圧倒されたの久々。


休憩

あのユカイな写メを送信(笑)

手にオリエンタル系のフレグランスを付ける←SEXY BOY(笑)

若干、やりすぎだったけど、やりすぎなくらいが良いさ(以下略)





2幕

足音を立てずにモップ登場←爺様。

そしてマンゴが真面目←ガサゴソなし(笑)

足元をバブソロが始まる前にランペルがヨチヨチしていった。

後半、ボンバル姐さんにセクハラ紛いの事をしてからシュッと消えるタガー(笑)

アレが許されるのは芝さんと八巻さんだけ!←でもちょっと嬉しい(笑)



ガスナンバー

上手側全く聞いてないね。

カーバに至っては爆睡、ただ大の字じゃない、その後の伸びが。

or2

でした、猫だね(笑)

ガスのキーが高いから←

キムガスかと思った←キムガス大好き。

けど触れたら壊れてしまいそうな程の←

名演技ではなかった←キムガス大好き。

そして最後の←

「喝采浴びた当たり役、この世の名残に魅せようか?」の時は。

死にかけじゃないとおかしいのに既に笑顔で元気。

何か違う←キムガス大好き。


キムガスの何が凄いって。

年老いた今にも死にそうな猫が一瞬で若返るアレですよ。

「見せようか?」←80代のお爺ちゃん。

「観せようか?」←40代のナイスミドル。

「魅せようか!」←20代の大スター。

コレはキムさんしか出来ない←地声が既にアレだからね。



グロタイナンバー

冒頭の「っしゃ!」ってなった瞬間。

キムさんは←20歳ジャストくらいの若さです←キムタイガー大好き。

あと、クリュー(笑)

お兄ちゃんが小柄だからか全員ジョジョ立ち←

お兄ちゃんに気を遣ってるのかな?←

いや、船の傾斜がきついから←

ジョジョ立ちしてな立ってられんのかも知れんが←

普通の舞台に降りた後もジョジョ立ちだったから(笑)

タガーがジョジョ立ちなのは仕様だけど←


ギル殺陣、迫力皆無。

千葉ギル超える人いないね←ガチな格闘家。

キムタイガー超える人もいないね←ガチな芸達者。

あの人、身投げの刹那に。

「お前に殺されるくらいなら自分で死んだるわ!」

っていう謎の気迫と共に高笑いしながら後ろ向けに落ちるから。

「アレ」に魅せられたからにはソレ以上を魅せてくれなきゃ。

「近頃の役者、酷すぎる!芸もなければ技もない!」って言うよ?


そして最後のガスの悲壮感漂う←

「背中で語る名演技」も全く出来てない←キムガス大好き。

あのキムガスの最後の←

「下手したらこのまま死ぬんちゃうか?!」っていう名演技。

「アカン!死ぬな!死んだらアカン!」と←

観ているこっちが心配になって。

思わず駆け寄って支えたくなるほど←

ヨロヨロした歩き方←20代の若者が一瞬で80代のお爺ちゃん。

キムスンラさんのような拍手喝采を浴びたいのなら。

思わず「待ってましたァッ!」って←

言ってしまうような賞賛を浴びたいのなら。

名前を丸出しにしなさい!←コレがポイントです。


スキンブルナンバー

何か手拍子のタイミングが違う←

あとデカ猫の煽り方が若干、女々しくてだった(笑)

まっしまんのヤクザなアメショはヤクザじゃなくてヤンキー(迫力に欠ける)

趙さんのヤクザなアメショはヤクザじゃなくてチンピラ(迫力に欠ける)

福井兄貴のヤクザなアメショは高校デビュー(生徒会長だからね)

野中万寿夫さんのヤクザなアメショはマジでヤクザ(間違ったことは言ってない)

芝清道さんのヤクザなアメショは昭和のツッパリ(間違ったことは言ってない)



タガーのベッドはアッサリしてたかな?

隣のベッドに座るのは基本、ベッドになりかけて逃走も基本。

バブたんに尻尾引っ張られて仕方なくベッドになってました(笑)

最後までベッドにならなくてバブたん半泣きだった八巻タガー(笑)

バブたん乗せたまま動き回る自由すぎる芝タガー(笑)

大っ好きだ(笑)

↑あの2人がここまで自由だったのは(笑)

芸歴的な意味で文句言えないからかと(笑)

だって八巻さんも芝さんも←

白タガーの頃からタガーだった人だからね。

荒川さんは「タガーにしては色気がないな」っていうアイドルタガーです。

仕方ないよね、荒川さんが元アイドルだから。

「マンマミーア!」の「カーテンコール」の。

「あの衣装」が「似合ってる」ってどういう事?


長老拉致

誘拐の直後の全力疾走でも←

やっぱり笑いを堪えるお兄ちゃん←

私のユカイな服が原因だったらすいません←


マキャナンバー

何かどっちもディミ姐さんに見えた(笑)

増本さんは兎も角、坂田さん声そんな低かったんだ?←

ディミータボンバルリーナじゃなくて←

ディミータカミソリーナ
でした←


マキャ殺陣

地味に消えてるヤツが5人ほどいる。

男子が若干、女子より多いはずなのに、確実に4人居ない。



タガーミストカーバタンブルかな?

ああ、5人のうちの1人はマキャさんです。

そしてミストは多分、着替えも込みかな?

あとタントぶん回しも、ランパスぶん投げも、兄貴ぶん回しも丁寧すぎ←

それとも。

青山さんが容赦ないだけ?青山さん、もはや楽しそうだからね←



ミストナンバー

タガーが実に楽しそう、シルエットも良い感じ。

そして日本語が達者なのは構わんのだが。

英語の発音まで日本人っぽくなる必要はないんじゃないか?

そこで八巻さん混ぜてくれよ、涛さんだったら出来るだろ?

私も含めて日本人の英語の壊滅的な下手さは←

世界規模で有名だけど←


そしてミスト(笑)

大人しくない(笑)小さくない(笑)可愛くない(笑)

「カッコいい」っていう意味で「disってるワケじゃない」ですからね?←

爺様が無事に現れた後の←

顔芸」が見える位置ではないんですが←

お兄ちゃんが「心配ないさー!」とばかりに肩を叩き←

それをドヤ顔で見つめてる俺の嫁←タガーさん。


そしてカミソリーナがタンバリンからシレっと登場←

ヴィクトリアが手拍子に来ました。

素晴らしい笑顔だったのは、そういうシーンだからなのか←

それともユカイを知らないのか、そしてライトを消すミスト…。

「顔芸」なしか、クールな消し方が逆に面白かった←





第二メモリー

バブたんだけね、ソプラノ(笑)

グリザ姐さんの寧子さんも←

高いイメージあったけど低いのもイケてたから。

多分、メッツォから進化したソプラノかつ10年経って声が?(苦笑)

1人だとキー高いのに透き通るバブたんの声の後だと。

スッゲェ低い声を出してくるから、それこそ志村幸美並み(笑)

ただ、最後の「明日が↑」はなかった…。

入りの高さを思えば十分に可能な気がするんだけど?

だってアムネリスよ?喉強いはずじゃね?



天上へ

全体的に野郎のキーが高くて女性のキーが低いね←

低音、ミストとツインタワーで頑張ってたね。

最後、普通は主旋律が聴こえない程に←

低音がビリビリ来るのに。


まぁ、バリトン3人しかいないからね。

そして普通は兄貴が担当するような部分をミストが。

元タンブルだから出せなきゃおかしいけど←


ご挨拶

そもそも爺様の声が軽くない?

あの人、オペラ座の怪人とか出れるレベルじゃないの?

増田さん、小林さん、種井さん、を、超える人はいないの?

ありとあらゆる意味で小林さんを超える人はいない!←

絶対に年賀状、全て直筆だったから…裏も表も全て…!


そして小林克人さん、もう、閉鎖空間で会えない…。

どれだけ、どれだけ、どれだけ願っても逢えない…。



Moiraよ!


しかし今回の野郎ども全体的に恐ろしくデカいな←

蔡ミストに比べたら長身なまっしまんが小さく見える←

そして「10年選手」への配慮か否か←

大柄な皆さん軒並みジョジョ立ち←

センター後方のドライアイスで←

顔しか見えてないのは。

マキャヴィティさんとスキンブルシャンクスとマンゴジェリー。

そこら辺の脚の開き具合がパネェ←

スキンブルの脚の開き具合もパネェ←

マキャさんより低姿勢になろうとしてた←

普通はスキンブルよりもマキャさんが圧倒的にデカいからね←

そしてミストが低姿勢になろうと必死になっていた←

普通はミストが最も小柄だからね(笑)

両翼になってからのタガーの脚の開き具合がパネェ←

10年選手はアメショはデカいと思い込んでるからね←


カテコ

みんな「笑顔になれる(苦笑)」とホッとしていた←ように見えました。

別に「絶対に笑ってはいけない」じゃないのに←多分、裏で爆笑してる(笑)

寧ろ、私が笑わせる側になっていた気がした←

一発芸でタガーが「腰を突き出しながらスライディング」をしていた。

それは「私が大好きな八巻さんの一発芸」じゃないか(笑)

マンゴが「手を使わない前宙」をしていた。

それは「私が大好きな10年前の涛さんの一発芸」じゃないか(笑)


ちなみにサラッと「一発芸」と言ってますが←

「正式名称」は「猫紹介」です。

「関西のノリ」だと「一発芸」ですが←

最後の決めポーズで←

タガーが某フィギュアのポーズをしてた。

大阪からのヤツが全員ツッコミ入れた「HG」の「フォー」ね。


握手→ディミ姐さん、ガス

素晴らしい笑顔、そんなに笑い堪えるの大変でしたか?←

お久しぶりです坂田さん私はやはり手が冷たいです←

そして客入りが悪いのかガスが来た、やはり笑顔←

そして私はキムガス-キムタイガーが好きだけど←

アレ以上の名演技を魅せてくれなきゃ。

貴方を認める事は出来ないですよ?←ガスとして。

そもそもキムガス-キムタイガーのような←

拍手喝采を浴びたければ名前を丸出しにしなさい←

帰り際のミストに手を伸ばしたのに←

姉貴だけがハイタッチ…ズルい!

俺はタガーさんが好きだけど←

全員を見分けられるし、全員が好きよ?

みんな好きよ、好きなの、好きなのに…。


Moiraよ!


お兄ちゃんとミスト(ギリギリコンビ)が滑り込みでポーズ。

はける時に爺様が残って手を振り尻尾を振り。

ミストが押して消えた、それ…、兄貴じゃないか(笑)


カテコがプログラム込みで5回…少なっ(笑)

当然のように7回〜8回だった静岡初演広島初演は何?


そして1回目のカテコで出てきた時に←

タガーさんスキンブルが俺付近を指さして何か言ってたけど←

何?お前のナンバーで、お前を見てなかったの根に持ってるの?←

基本的に5年を超えると主軸の猫を全く観なくなるよ?←



そして10年前と同じように叫ぶ、叫ぶ←南座のノリ。


1回目:タガー!←私と姉が立つ。

2回目:タガー!タガー!タガー!

3回目:タガー!タガー!マンカストラップ!←この段階で客席、総立ち。

4回目:マンカストラップ!タガー!マンカストラップ!グリザベラ!マンカストラップ!



野郎どもの「解かっちゃいたけど(苦笑)」って顔←

マンカストラップ!」の瞬間の「?!」って顔←

グリザベラが入ってるのはグリザ締め。

お兄ちゃんの「タガーじゃないの?!」って顔←

ほら、私は「24人の嫁と27匹の嫁」と言い放つレベルで←

全員が大好きだから←♂も♀も。

しかも兄貴とキーも顔のジャンルも違うから←

「兄貴」じゃないけど←

「お兄ちゃん(//////)」って思うくらいには可愛かったから!←



そして涛さんは私が大好きな←

ありとあらゆるタガーを再現してくれた←

2回目か3回目の時に←

ファサファサしてくれた!←キムタガー(笑)

大阪組が「10年選手はエグイ(苦笑)」と知ってるからか(笑)

シャッと客電、場内アナウンス←強制終了(笑)

10年選手はタガー締めがあると信じてるからねー。

で、明らかに、それを望んでると思われたのかな?

まぁ、明らかにタガー大好きなの解かる上に。

実際タガー!タガー!と叫ぶ叫ぶ←



曲持ち野郎がタガーをどつきながら「モテ男が(笑)」と笑ってる←

タガーさんも「解かっちゃいたけど(苦笑)」みたいな←

何とも言えない顔、明らかにそいつが目立ってるシーンで←

タガーさんしか見てないから←


バスに乗ってからもフツーに起きてました←

寝ないんじゃないの、寝れないの←

睡眠導入剤ないと寝れないから。

楽しいと感じていると←

1時間や2時間や3時間が一瞬で過ぎ去るのに。

楽しいと感じてないと←

凄まじく移動時間長く感じるね←

神戸のPAの運転手の仮眠とかさ?

そして神戸を境に空気が変わる←急激に寒くなる(笑)


そして。

姉貴は机がないのに「授業中寝」してた←

いや飛行機だと可能だけど。


夜行バスの旅は素敵。

暗闇の向こうに。

ハッキリくっきり見える。

「もしもしピエロ」←関西人は爆笑。



京都についてから別邸で爆睡、7時から16時←

京都駅のコンビニに入った瞬間に「?!」ってなったから。

BGMをよーく聴いたら「Dance My Generation」でした。

弄りまくっても隠し切れない声の特徴(笑)


そして、続きで李涛さんやキムさんを異様に好きな理由を語ってます。

広島猫速報!

ユカイなタガーがテル立ちとかいう意味不明な状態←

ジョジョ立ちもした←

フィギュアの再現もしてみた←


中学生の頃からの夢だったんだ。

コレ(ロゴつきの目)の前で。

カッコいい(笑)ポーズするの。


目チカ→マンカスお兄ちゃん。

アレは兄貴ではない、でもカッコいい。

あそこまでしなやかに踊れてるマンカスお兄ちゃん見るの初めてかも知れない。

趙マンカスは若干、激しいからね。


睨めっこ→コリコ、ディミ、タガー。


コリコに睨まれる前に。

ガン見したらビビられた←

ユカイだからね。


ディミ姐さんは無地してタガーをガン見。

ちなみにディミ姐さんは真横←

一瞬、威嚇されてるレベルでガン見された気がするけど←

俺はユカイだからタガーが好きなの見ただけで解るだろ?←

チラッと見てからタガーに目を移す←


タガーはキャットウォーク←


でもカッコいいから解る!

ファサファサなしでも顔で解る!←


そもそもヤムチャだったのが。

おかしいくらいなの!超カッコいいよ!←本人の顔が。


コリコが私のユカイな服装に。

笑いそうになっていた←

でも堪えてた…プロだな←


タガーも私のユカイな服装に半笑い←

タガー大好きなの見ただけで解るからね←

そう、ユカイ=ヒョウ柄=タガー(笑)

でも堪えてた…プロだな。

ほら、タガーはヘラヘラしてて許されるから。


あとさ…スキンブルでかくね?

マキャと間違えそうになった←


タンブルとマキャとミスト以外ほぼ全員テナー←

ほぼ全員、恐ろしく音域の広いテナー←

長老やガスよりミストの声が低い←

いや、五反田でタンブルだったから低くないとおかしいけど←


タンブルとマキャはバリトンだからね←

でもミストがハイバリトンて(笑)


いやジェイコブさんは低めだけどさ?←



タガーになった涛さんは。

キムタガーの歌声。

阿久津タガーの動き。



ジョンタガーを加えた感じ。


キムタガーの「どこまで伸ばすの?」とか。

出て来た時の「ミャウ」とか←


全体的にキー高めでしたね。

女性はバブたん以外は大体メッツォかアルト。

ディミボンとかどっちも男前←

坂田さんあんな低い声だったのか←ヴィク歌わないからね。



四天王では比較的、大柄なマンカスが。

一番小さいってどゆこと?←元ミスト。

スキンブルとミストとタガーが常にジョジョ立ち。

アメショ好きに気を遣ってたのかな?←

10年選手はマンカスは大柄だと思ってるからね←


そしてワッハッハは別録りな気が←エコーかかりすぎ。

あとタガー(笑)

尻尾、見えてるから(笑)

うん、地味にマキャ殺陣前の。

「志村!後ろ!」みたいなアレで。

タンブルカーバタガーミストが居ないの。

気付く人は気付くからね←


ミストは着替え兼ねてると思うけど←


ミスト声低い(笑)

大人しくない(笑)

小さくない(笑)

カッコいいけど可愛くない(笑)

加藤敬二さんのミストはこんな感じだったのかな?←

マンカストラップより厳ついミストフェリーズ(笑)


タガーとミストはテナーとテナーだから。

ソロの時にあまりキー変わらないはずが。

ミストのソロで1オクターブ下がった(笑)

岩崎さん頑張ってたけどハイバリトン←

くるくるミストが加藤敬二さんレベル←

岩崎さんも地味にアンデルセン出てたからね←

いつもより多めに廻ってました♪

でも軸はぶれていた←


ミスト手拍子

ヴィク

この人も笑いそうになってた←

でも堪えてた。

プロだな←


いつもタガーが惜しい場所まで来るのに触れない。

タガーが好きなの!←見ただけで解る(笑)


握手

ディミ姐さんとガス←確実に握手した組。

全力で走るミストと姉貴がハイタッチ。

ズルい←

もう受け身じゃダメね。

触りに行かなアカンね←



いつもギリギリのモノクロコンビ(マンカストラップとミストフェリーズ)

それでも間に合うモノクロコンビ(マンカストラップとミストフェリーズ)

どっちも滑り込みセーフ!

そして「間に合った!」って顔をする←

カテコは4回。

タガーとマンカス←嫁。

グリザベラ←主演。


大好きな名前を。

ただただ、シャウト←

見た目がユカイだから←

「タガーと叫ぶのは向こうも解ってたと思う」けど←

まさかのマンカストラップ。

ええ、24人みんな大好きだからね←

まっしまんは兄貴ではないけどお兄ちゃんだった!←

24人の嫁に痛々しいまでの愛は伝わったはず←

あまりにも私が愛を叫ぶからか。

最終的にスタオベになった(笑)

タガー!マンカス!

二人とも大っ好きだよ!←





でもマンカスミストは逆のほうが良い気がする。

…大柄なマンカスを担いだ上に振り回すから。

マキャ怖ぇ(笑)ってなるからね。

寒気がするほど怖かったのは。

声が原因←青山さんレベル(笑)

今回はギル殺陣マキャ殺陣も。

演じてます!って感じだった。

千葉ヒカルさんとかガチだからね←

千葉さんは棒術のガチの格闘経験者。

青山さんは。

マンカスランパスはもちろん←男だから。

タントにも容赦ないからね←女の子なのに(笑)

タント相手に。

ジャイアントスイングかましてるの青山さんだけですよね?←

とりあえず夜行バスで移動なう。

当たり前ですが徹夜←人前で寝れない。


とりあえず。

アメショ三昧(笑)

タガーが惜しかった(笑)

スキンブルの人タガーさんに。

アイツ絶対、お前目当てだろ(笑)」みたいな感じで話しかけてた。

私服ですけど何か?←

広島の蔵之助でユカイな上着を購入したけど。

2000円弱でしたが男性用Lサイズ。

しかも腕の丈ジャスト。

最近の男、どないなっとんねん←

コリコたんの腰をガン見しつつ細いなとは思ったけど←

新世界とかだと。

こんな感じのユカイな服が。

300円〜500円で売ってるけど。

新世界に行くのが大変だから。

勢いで買った。

ただキャメルのジャケットなしだと。

単なるダイヤモンド☆ユカイだから←

あとチェーン逆だね←

もちろん、開演前に左側に変えました←


あとハガキのヤツ。

そこはタガーだろ(笑)

魔法を捨てたマジョリン




どもども。
本日、6時頃に起床し、その後も奇跡的に起き続けていることができました。
いつもは昼過ぎまで寝てるので、ものすごく稀な出来事です←

ということで、伏見のほうまで足を伸ばして、寺田屋に行ってきました。

寺田屋そのものは単なる観光地なので、興味がないのですが←

その後、京都駅まで行って和カフェで抹茶パフェ食べました、美味(>w<)vvv

イチゴとかマンゴーとか、ひたすら甘いのも好きですが・・・。
単に甘いだけの味よりも抹茶のほうが落ち着きがあって好きです。

ほうじ茶パフェもあったけど、食べる勇気が出なかった(笑)
次はほうじ茶にチャレンジしてみます!←


そして、京都劇場に行ったら・・・。
丁度、マチネ公演が終演してお客さんが出てきているところ・・・。

母と一緒にその様子を見ていると母がポツリと・・・。
「観に行く?」


・・・行くともさ!<●><●>カッ


ということで、15時からの公演のチケットを2枚。
そして、当日券にも関わらず、良い席が取れた!2階だけれども!

3000円であの位置は安いぜ!


ファミリーミュージカルっぽく、喋り方がわざとらしいのが気になりましたが・・・。
喋り方がわざとらしいのは四季の舞台の共通項目なので、右から左へスルー。

魔の山のシーン、・・・オカシラス様が・・・!!!
オカシラス様がものすごく美声、堪らない、低音堪らない、はぁ・・・っ!(//▽//)

ニラミンコは・・・、うーん・・・光枝さんで観たかったな〜・・・。

あ、そうそう。
ニラミンコ、ずっとO☆KA☆MAさんだと思ってたら、女性だったんですね。

演じているのは男性なので・・・。
夢醒めのデビル的な役回りかと思ってたのですが・・・。

そういえばオカシラス様も女性だったような気が・・・(演じているのは男性)

ここら辺もハーモニーの問題なのかしら。
四声で歌う時は低音部のズッシリとした響きがないとダメですからね。

それにしてもオカシラス様、良い声だなぁ・・・(//▽//)

ダビットとタツロットと・・・、あと魔女側の男性アンサンブルがシュッとしたイケメンだった。
背の高い人の多さにビックリ、180cmくらいの人がゴロゴロいた。

やっぱり、並んだ時の美しさかしら。


最後、カーテンコールなしでロビーにダッシュする感じだったんですが・・・。
ダビットとタツロットと男性アンサンブル数人は近くで見るとシュッとしたイケメンでした。

でも、オカシラス様w近くで見たら、ちょーこえーwww(良い意味で)



もう1回くらい観に行きたいな〜。


| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Web Clap

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM